FC2ブログ

知らぬがほとけ

あたらしいWEBサイトはこちら
鑑定の申し込みはこちら
古いサイトはこちら


占星術家にとって一番大切な要素はなんだろう。


そう自問して

これかな…

と思います。


そう、学び続けること。


つまり

学び続ける環境に自身を置くことができるか?

これがけっこう重要な要素かな

と思う。


なぜなら

インド占星術の守備範囲は

ほんとうに広範なんですよ。


インド占星術の全貌は茫洋として

頂上もかすんで

先が見えない…。




一説によると

七回生まれ変わらないと

学びきれない…

とか。


そして、

惑星、星座、ハウスは

その構造物の土台にあたるんですよね。


それを勝手にいじって

大丈夫かよ??

って。


たとえば

ほんらいインド占星術で使われることのなかった

天王星、海王星、冥王星を

インド占星術でも使うってことは

このインド占星術という大規模構造物の

柱や基礎などの構造材をいじることに等しく


その波及効果は

上部構造のすべてに及ぶ。



たとえば

寿命計算の際に考慮するパラメータはどうする?

計算でアセンダントを特定する方法(そういう方法もあるのね)のパラメータはどうする?

・・・・

エトセトラ


わたしたちがまだ知らない様々なテクニックの

パラメータの見直しを迫られること

になるんだよね。



柱を容易に足したり引いたりするのは

掘っ立て小屋ならまだしも

インド占星術という太鼓簿構造物では

命取りにさえなることも

あるんだよね。



そういうのって

そういうことが見えていたら

なかなか勇気のいる所作だと

思うんだけど…。



ほんとにだいじょうぶ…?



「だいじょうぶです、半年で鑑定できるようになります」


とかいってる人もいるようだけど…



漫画はここから引用しました(↓)。


 


無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内

無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

カルマが転生の原因となっているってどういうこと?

占星術は、因果律の学問であると言われます。

因果律とは、原因結果のこと。

その学問が因果律で、


それはヒンドゥー教や仏教では


「カルマの法則」(Law of Karma)


といわれたりしています。




「カルマと転生の思想のないところで占星術が発生したはずがない」

とわたしの師匠・KNラオが主張する所以(ゆえん)でもあります。






カルマ? なんじゃ?



と思われる方はこの動画をご覧ください。


 




 


無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内

無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

学術的な「科学の定義」に照らしてインド占星術はどうなのよ?(1)

あたらしいWEBサイトはこちら
鑑定の申し込みはこちら
古いサイトはこちら


疑似科学とのそしりを長い間受けてきた心理学。

現代、その教科書の多くには、科学の定義が書かれてあるそうです。

以下、「科学と疑似科学、心理学と議事心理学、治療と議事治療:音楽療法の評価」(上田和夫、京都府立大学)から引用します。

科学の要件

「現在世界的に通用している心理学の教科書には、最初の方に必ず科学の定義が書かれている」

「科学が満たすべき要件とは次のようなものである。(1)経験主義、(2)無矛盾性、(3)公共客観性。」

「経験主義とは、単なる推測や直感に頼るのではなく、経験的事実から新しい知識を得て、それを基礎に論を進めることを意味する。」

「無矛盾性とは、それまでに得られた知識(法則)と新しい知識が論理体系内で矛盾しないことを意味する。」

「公共客観性とは、経験的事実を得る手続きが明白で、その事実が他者に再現できることを意味する。」

これを占星術にあてはめると、すくなくともインド占星術の場合、けっこう当てはまるように思えます。

たとえば、インド占星術における経験主義の例といえば、子供の誕生です。

1)子供が誕生するとき、木星、土星、太陽、火星、月が、一定の期間内にホロスコープの5室あるいはその支配星にアスペクトするという現象は、世界で多くの占星術家によって確認されるところです。これをトランジットの法則と呼ぶとします。

2)また、子供が生まれる現象は、他の技法によっても確認されます。たとえば、ダシャーと呼ばれる技法を使っても、5室やその支配星に絡む惑星に支配されるダシャーにおいて子供が誕生し、そのことは世界で多くの占星術家によって確認されています。これをダシャーの法則と呼ぶことにします。

トランジットの法則もダシャーの法則も、経験的事実からえられた知見です。
もちろんそのヒントは古典のなかにありました。

無矛盾性についていうなら、トランジットの法則もダシャーの法則から導き出される子供の誕生という現象(経験)は、ほぼ同じ時期に発生し、両方の法則が矛盾しないことがが確認されています。

実際、トランジットの法則 も ダシャーの法則と矛盾しないばかりか、むしろそれぞれの法則が示す子供誕生のタイミングの予測の確信度をかえって高める働きをしています。

次に公共客観性についていうなら、そもそもトランジットの法則 も ダシャーの法則 も、だれがやっても子供の誕生の予測に使えることが確認されており、その再現性は、すくなくともインド占星術を理解し実践する人ならば、確認できます。

しかもそれはインドだけでなく、欧州や米国、日本においても確認されています。

というわけで、心理占星術とは一線を画し、イベントの発生の予測に威力を発揮するインド占星術は、経験主義により即しているがゆえに、科学との親和性がより高い可能性があろうかといえそうです。

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内

無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

リサーチの基本原則

あたらしいWEBサイトはこちら
鑑定の申し込みはこちら
古いサイトはこちら

わたしの2011年の講義ノートから紹介しましょう。

講義ノート


バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァン の2年のコースを終えてリサーチ・クラスに進級してきた生徒たちに向かって、「リサーチを行う上での注意事項」をKNラオが述べたものです。

①ホロスコープが疑わしいときはチャラダシャーを使う
②バイオファクトを用いて検証する
③すぐに結果がでるプレディクションを行って検証する
④パンディットのことばは気にしない
⑤プレディクションを外したら素直に認める
⑥思いつきをすぐに発表しない
⑦疑わしいホロスコープの分析記事は読まない
⑧疑わしいテクニックを用いて書かれた記事も読まない
⑨二つ以上のダシャーを用いる
⑩推敲する
⑪不確実な出来事にもとずいた検証はしない
⑫占星術には明かすべきでないタブーがある

 

続きを読む

コンポジット・メソッド vs 追加料金

以下のリンク先にある《鑑定をさせて頂いた方からのフィードバック》なんですが、最近また更新しました。
(※この業界で常態化しているステマやフェイクのフィードバックはひとつもありませ~ん)

清水の「対面&スカイプ鑑定」 → GO

ところで

わたしは鑑定ではご本人だけでなくご家族のホロスコープも、
ご本人が希望するときは拝見するようにしています。
 

続きを読む

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: