FC2ブログ

トルーマンのガジャケーサリー(गजकेसरी)

デリーで清水が書いています。

今日は8月15日。

日本では、お盆終戦の日ということで、
様々な行事が各地で粛々と執り行われていることと思います。

インドでも、この日は独立記念日
休日です。

デリーのわが家は、例によってどんちゃん騒ぎのまっただなか。
割れんばかりの大音響に完全包囲されております。
終戦の日にふさわしく、私は朝から全面的に無条件降伏の状態であります。
つまりお手上げであります。

さて、気を取り直して‥

せっかくの8月15日ということで、
年に一度しかない8月15日ということで(あたりまえ)、
この日に誕生したインドの建国図についてなにかを書くのも悪くはないんだけど、

先日ヨコリンさんのところで木星探査機のエントリが立ち、
それに、私が月にからめたコメントを書いたのをきっかけに、
木星と月が織りなすガジャケーサリー・ヨーガ(गजकेसरी・योग)について
すこし思うところがありました。

で、今日はそれについて書いてみようと思います。
 

続きを読む

スーザン・ボイルが突然脚光を浴びたわけ

ポールの記事です。

スーザン・ボイルは、スコットランド出身の女性です。

2009年4月11日にイギリスの「Britain's Got Talent」というテレビ番組に出場し、一夜で、世界で一番有名な歌手の一人になってしまいました。

スーザン・ボイル_pic


番組で彼女が歌う場面は、YouTube、Metacafe、YahooVideoなどにアップロードされ、数週間で1億回以上のヒットを記録しました。それはオンライン視聴が始まって以来の記録です。彼女は、たった一度のパフォーマンスで世界的な名声を得てしまったのです。なんということでしょうか。

オールド・ミスで、いかにも古くさくて重苦しい出で立ちで出場したにもかかわらず、なぜ彼女がこのような成功をおさめることができたのでしょうか?
 

続きを読む

聖仙パラーシャラの「減衰惑星の例外則」

清水俊介が書きます

マーク・ボウニーがポールのホームページ用に書き下ろした論文を清水が翻訳し、ケース・スタディ(A4サイズ・26ページ)として販売しております。

〈マーク・ボウニー〉
〈販売先のURL〉

シュリKNラオを師と仰ぐマーク・ボニーは、ポールのメンターのひとりでもあり、さらにシュリKNラオが実力を認める数少ない西洋のヴェーダ占星術家のひとりです。

今回、マーク・ボウニーが寄稿したケース・スタディは、デミ・ムーアのチャート分析です。切り口は減衰惑星のキャンセルです。

・減衰する惑星がとてつもない結果をもたらすことがあります。
・それはどういうときなのか?
・それが彼女のホロスコープにおいてどのような働きをしているのか?

これらについて、マーク・ボウニーらしく詳細かつ明確かつコンプリートに解析しています。

続きを読む

深く傷ついた惑星の正体は? ─その1─

マーク・ボウニーの記事です

ホロスコープに現れるすべての徴候には吉凶両方の意味があります。だから、占星術家はかたよった見方をせずバランスよくホロスコープを見る必要があります。しかし、実体が見た目と大きくかけ離れた場合、そう簡単に問屋は卸してくれません。

最近、そのようなケースに出会いました。

Penelope

続きを読む

グル・チャンダル・ヨーガの極端な例

from Tried Techniques of Predictions by K.N. Rao - ch. 5

グル・チャンダル・ヨーガの極端な例を紹介しましょう。

ExtremeCasseOfGuruChandalYoga_birthdata

ExtremeCasseOfGuruChandalYoga_Chart

続きを読む

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: