ロシア人向けShr.K.N.ラオ特別講義

デリーから清水が報告します。

12月16日から26日まで10日間の日程で、デリーを訪れているロシア人10名を対象に
バーラティーヤ・ヴィディヤー・バワンが占星術セミナーを開催していました。最初は22名が参加する予定でしたが、直前にムンバイでテロ事件があり、参加者は10名に減ったそうです。講義は朝10時から午後5時まで、すべて英語で行われ、バールティヤ・ヴィッディヤ・バワンの教官が持ち回りで担当しました。最終日26日の午後の講義はシュリKNラオが担当しま した。

KNRa_lecture
ロシア人から贈られたロシアの民族衣装を着て講義するシュリKNラオ

シュリKNラオの講義に出席したので、そのアブストラクト(概略)を下記に報告します。


続きを読む

シュリKNラオグループの新刊書6冊

デリーで清水が書いています。

シュリKNラオのグループが出している新刊書の紹介です。この半年の間に新刊本が6冊もでていました。かいつまんで紹介します。

①“Mundane Astrology” by MS.Mehta etal.
②“Unlabelling Puzzle of Longevity” by VP.Goel
③“Indian Marriage in Modern, Urban, Educated Society” by Deepak Bisaria
④“Single Women and Astrology” by Dr. Sarla Prasas et al.
⑤“Astrology and Timing of Marriage” by Junior Research Group
⑥“Practical Application of Nadi Techniques” by KB.Krishnan


TIME TESTED TECHNIQUES OF MUNDANE ASTROLOGY


続きを読む

遠隔授業にニュー・フェース登場(の予定)

清水がデリーで書いています。

シュリKNラオのところで長年研究をしているたいへん優秀なお弟子さんのひとり、アバ・シャルマさんに遠隔授業をしてもらえることになりました。2001 年からシュリKNラオの学校に通い始め、アランカラー・コースとアーチャリア・コースを修了後、6年間、シュリKNラオのリサーチ・コースで研鑽を重ねてきていま す。
バールティヤ・ヴィッディ・バワァンで教わる内容のほか、シュリKNラオから直接教わってきた秘技的な内容なども含め、遠隔授業を通してみなさんにお伝えすることができるものと期待しています。

アバ


続きを読む

デリーはやっぱりたいへんだ

清水によるインド報告3回目です。

友人から来たメールによれば、クリスマスだというのに日本の街には例年の活気がないそうですね。

ここインドでも、クリスマスだからといって別にどうってことはないのですが、というか、あっそうか今日はクリスマスだったか?!ってな感じなのですが、そ れでも、そもそもインドは今回の不況に関してはあまり影響がないようです。アメリカの言うことを聞いて経済を自由化しなかったのが幸いだったと、英字新聞 は書いています。しかしその一方で、テロ対策についてはもうすこしアメリカと連携をとっていく必要があろうという論調です。ちなみに、シュリKNラオは、 コートゥ・チャクラという技法を用いて、来年2月にここデリーでテロがあるかも知れないと予言しています。その頃は、人混み、バス、電車、ショッピング モール、マーケットの利用は最小限にして、あまり危なそうな場所には出かけないようにしようと思います。


続きを読む

パンチャ・カルマ

清水俊介が書いています。

アーユルヴェーダの本場ケーララ州はコーチンのアーリヤ・ヴァイディア・シャラという病院で、パンチャ・カルマを受け始めて今日で20日。当所、疲労困憊し喘息の症状もでていた体調は、嘘のように復活を果たしました。どういったらいいのか、あたかも身体のなかが空洞になったようで、そこを風が吹いているようなすがすがしさがあります。かたくなっていた身体にもしなやかさが戻ってきました。これをヨーガの身体論を用いて説明するなら、体内を網の目のように走るナーディ、中医でいう経絡、それをいたるところで詰まらせていた老廃物が取り除かれ、自然なプラーナ(氣)の流れが回復してきた、ということになるのでしょうか。事実、呼吸は深くなり、心も静まり、 集中力が回復してきているのを実感します。いびきもかかなくなりました。
  

続きを読む

パンチャカルマ、ばんざい!

清水俊介が書いています。

ずいぶん更新していませんでしたが、みなさんお元気ですか?

実は、いまインドに来ています。日本を発ってもう少しで3週間になりますが、今回の滞在はもっともっと長くなりそうです。なぜ長くなるのか? 来年のこと をいうと鬼が笑うというので、それは別の機会に譲るとして、ところで日本では経済がたいへんなことになっているそうですね? 職を失い、家を失った人たち が急増している…;全国各地のハローワークは職を求めて来た人たちでごった返し、重苦しい雰囲気に包まれている…。しかしこれは日本だけでなく、世界中で 同時進行中の現象です。インターネットへの接続がままならないので、断片的な情報をつないで想像を膨らませているだけなのですが、私が海外で長期滞在する ときはいつも世界的な大変動と重なるんです。今回もそうなる可能性が高そう、そんな気がしています。

続きを読む

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: