【Sh.K.N.ラオが語る】 第11回 ─ ②: リサーチを主眼に据える

日本は長寿の会社が世界で一番多く存在する国だそうです。
創業200年以上の会社が日本には3100社存在し、
それは世界全体総数の40%を占めるそうです。

参考:長寿企業大国日本~老舗企業の研究~

組織が長続きする秘訣のひとつは、長期的なビジョンを堅持していること。

つまり、組織の長期目標が明確で、それがすべてに優先していること。
そうであればこそ、ぶれない。
景気の多少の浮き沈みや環境の変化にも左右されず安定して存続できる。

もう一つは、ユニークであり続けること。

時代を通してその会社に価値があり、その価値ゆえに社会に必要とされる存在であり続けること。
そのためには、その時代にとって必要な価値をつねに創造していく努力、イノベーションが必要です。

これは、バールティーヤ・ヴィッディヤー・バワンについても同様です。

まず、組織の目的をすべてに優先させ、そこに私情をはさまない、情実を交えない。
一方、リサーチを鋭意進め、常にユニークであり続ける努力を怠らない。


関連エントリ: 【Sh.K.N.ラオが語る】



聞き手: ボーン・ポール・マンリー
収録日: 2009年10月20日
撮影・編集・翻訳: 清水俊介
 

続きを読む

【Sh.K.N.ラオが語る】 第11回 ─ ①: 成功の秘訣

インド占星術の組織を日本でも創ろうという動きがある(あった?)
と聞いたことがあります。

今回と次回のエントリは、そういう組織を創設しようとするときに役に立つでしょう。

関連エントリ: 【Sh.K.N.ラオが語る】



聞き手: ボーン・ポール・マンリー
収録日: 2009年10月20日
撮影・編集・翻訳: 清水俊介
 

続きを読む

【Sh.K.N.ラオが語る】 第10回: テクニックとスキル

ほぼ1年ぶりに本シリーズ「Sh.K.N.ラオが語る」を再開しましょう。

関連エントリ: 【Sh.K.N.ラオが語る】



聞き手: ボーン・ポール・マンリー
収録日: 2009年10月19日
撮影・編集・翻訳: 清水俊介
 

続きを読む

南インドで Merry Christmas

デリーの空港でもメリークリスマス

Christmas 2011
 

続きを読む

Day 15 医療占星術および修了証授与式

クリスマス・イブですね。

すこしお休みしておりました。

せっかくずっと休まずにインターナショナル・セミナーの連載をしていたのだから、
最終日の様子もきちんと報告してこのシリーズを完結させましょう。

BVB_1220_1
医療占星術担当のDr.B.S.ゴエル
 

続きを読む

Day 14 ヴァラシャファラ

昨日(19日)はインターナショナル・セミナーの14日目。

テーマは、ヴァルシャファラ。

ヴァルシャファラは、トランジットの太陽がネータルの太陽にぴったり重なった瞬間のホロスコープを指し、1年間をうらなうことができます。
別名、タジカ・システム、アニュアル・チャート(年間チャート)とも呼ばれています。

講師は、G.N.サクセナ先生。

BVB_1219_2
トリ・パタキ・チャクラの説明をするサクセナ先生
 

続きを読む

Day 13 プロフェッション

昨日(18日)はインターナショナル・セミナーの13日目。

テーマは、プロフェッション(職業)
講師は、コーネルゴウル先生。

予定ではマノジ・パタック先生の「コンディショナル・ダシャー」でしたが、
昨日はパタック先生の都合がつかなかったためにゴウル先生のピンチヒッターとなりました。
初日のトランジットの講義に続いてゴウル先生の登場は2回目。

職業については3日目にガネーシャ先生の講義がありましたが、
今回の講義は職業の内容や就職する時期について
より具体的なパラメータと実例の説明がありました。

BVB_1218_Gour
  

続きを読む

Day 12 マンデーン占星術

昨日(17日)はインターナショナル・セミナーの12日目。

テーマは、マンデーン占星術
国家や団体組織のホロスコープを扱う占星術。

講師は、マンデーン占星術の著書(↓)があるラディカ・ラオ先生。
『Time Tested Techniques of Mundane Astrology』by M.S.Mehta and A.Radhika

BVB__Radhika
商品市場の予測に役立つサルヴァトーバドラ・チャクラの説明をするラディカ先生
 

続きを読む

Day 11 プログレッシヴ・ヨーギニー・ダシャー

昨日(16日)はインターナショナル・セミナーの11日目。

テーマは、プログレッシヴ・ヨーギニー・ダシャー

講師は、BVBにおいて最も独創的なリサーチを行うことで名高いVPゴエル先生。

オリジナルな著書は以下の5冊。

『Predict Effectively through Yogini Dasha』
『Predicting through Sodashottari Dasha』
『Predicting through Shasti Hayani Dasha』
『Unravelling Puzzle of Longevity』
『Predict Comprehensively through Divisional Charts』

BVB_1216_Yogini_1BVB_1216_Yogini_2BVB_1216_Yogini_3
 
写真の解説:

左: ヨーギニー・ダシャーのエッセンス
中: ヨーギニー・ダシャーについて解説するShr.K.N.ラオ
右: VPゴエル先生
 

続きを読む

Day 10 ジャイミニ・チャラ・ダシャー

昨日(15日)はインターナショナル・セミナーの10日目。

一昨日の夜、日本から参加していた3名が帰国しました。
その翌日の昨日、デリーは急に冷え込み、教室内もストーブが必要なほど寒くなりました。
台風でも晴らす天気女のヨコリンがいなくなったからだろう、と思いました。

いずれにせよ、昨日は通訳の重責から解放されてのんびりモードの清水でした。

テーマは、ジャイミニ・システムのチャラ・ダシャー。
講師は、アキラ先生。
『Jaimini Sthira Dasha』の著者でもあります。

BVB_1215

Day 09 結婚

昨日(14日)はインターナショナル・セミナーの9日目。

テーマは、結婚
講師は、ディーパック・ビサリア先生。

BVB_Marriage

続きを読む

Day 08 マルマ・ヨーガ・セラピー

昨日(13日)はインターナショナル・セミナーの8日目。

テーマは、マルマ・チキッサ
マルマ・ヨーガ、マルマ・セラピーとしても知られています。

講師は、SKジョーシ医学博士。
アーユルヴェーダの外科医で、グルクール・カングリ大学のアーユルヴェーダ医学部長です。

BVB_Marma_1BVB_Marma_2BVB_Marma_3BVB_Marma_4
 
写真の解説:

左端: マルマ・チキッサについて講義をするSKジョーシ先生
中左: 背中に効くセルフ・マルマ・セラピーの手順
中右: 歩行困難な少年にマルマ・チキッサを施術をするジョーシ先生
右端: 参加者にマルマチキッサを施すジョーシ先生

Shr.K.N.ラオは講義の冒頭でいいました。

ラックナウに私の知り合いで高名な医者がいる。彼は、あるとき病気になった。自ら医者であるにもかかわらず、自分の病気を治すことができなかった。インド最高水準の病院でも治すことができなかった。現代医学では不治の病とされる病気だったからである。しかし、彼の病気をいとも簡単に治した医者がいた。それが、このDr.SKジョーシである
 

続きを読む

Day 07 ダシャー 2  人間心理の多層性とダイナミズム

インターナショナル・セミナー7日目の12日(昨日)は、
前日に続いてShr.K.N.ラオによる講義でした。

テーマは、前日と同じダシャーを中心としたホロスコープの読み方でしたが、
昨日はよりディープなテーマについて学びました。

たとえば、なぜ人は「お金もほしい、セックスもしたい、だけど精神性も高めたい」と思うのか。
あるいは、ある人は、時期がくるとなぜスピリチュアリズムに向かい始めるのか?

人間心理の多層性とその変化(ダイナミズム)について、ダシャーを使って具体的に解説して頂きました。

BVB_Dasha_Raoヨガナンダのホロスコープについて解説するShr.K.N.ラオ
 

続きを読む

Day 06 ダシャー

昨日(11日)はインターナショナル・セミナーの6日目。

テーマは、ダシャーを中心としたホロスコープの読み方。
講師は、Shr.K.N.ラオ。
Shr.K.N.ラオの担当は、9日に続いて2度目でした。


Dasha_By_Rao_1Dasha_By_Rao_2Dasha_By_Rao_3
 
写真の解説:

左: 女性の聖者アナンダマイマーのホロスコープを解説するShr.K.N.ラオ
中: ロシア人参加者の事例
右: 授業の後は、みんなでプージャーをしました
 

続きを読む

Day 05 教育(進路選択)

昨日(10日)はインターナショナル・セミナーの5日目。

教育(進路選択)に関する授業でした。
講師はナヴァル・シン先生。
この種のセミナーでは必ず講師を務める人気講師です。

BVB_Edu_1BVB_Edu_2BVB_Edu_3
 
写真の解説:

左: 講師のナヴァル・シン
中: 授業風景 (I got it!)
右: 授業後に記念撮影
 

続きを読む

Day 04  ホロスコープに表れる家族の因果関係

昨日(9日)はインターナショナル・セミナーの4日目。

家族の因果関係(Interlinked Destiny)に関する授業でした。

Interlinked_1Interlinked_2Interlinked_3
 
写真の解説:

左: 前半の講師を務めたモニカ・サクセナ
中: 後半の講師を務めたShr.K.N.ラオ
右: 早めに終わったので帰り道、ショッピングのあとお茶をする
 

続きを読む

Day 03 プラシュナ

昨日(8日)はインターナショナル・セミナーの3日目。

プラシュナ(ホラリー)の授業でした。

プラシュナとは、「質問」のこと。
質問が発せられた(生まれた)ときのホロスコープのなかに、
その質問に対する回答を求めることができます。

講師は、KKジョーシ先生。
KKジョーシ先生は、デリー大学で経済学を教えている。

7時間の授業を、何も見ないでホワイトボードに板書できる。
多くの言葉を労せず、授業はいたって簡潔明瞭。
BVBで一番人気のある先生のひとり。

オブザーバーとして参加したShr.K.N.ラオも、 ときどきコメントや体験談を披露し、授業は大いに盛り上がりました。

授業の後は、アバの家に呼ばれてお茶をごちそうになりました。
日本人参加者は全員、アバの生徒でもあります。

BVB_Prashna_1BVB_Prashna_2BVB_Prashna_3
 
写真の解説:

左: 講師のKKジョーシ
中: ときどきコメントを述べるShr.K.N.ラオ
右: 紛失物のプラシュナの事例

右端のプラシュナ・チャートについて説明します。
 

続きを読む

Day 02 キャリア

昨日(7日)はインターナショナル・セミナーの二日目。

キャリア(職業)に関する授業でした。

講師は、BVBシニア・ファカルティのガネーシャ先生。
ガネーシャ先生は、南インドはタミルナドゥー出身のバリバリのブラフミン。
「シャーストラによれば‥」が口癖。
オーソドックスな南インド風の占星術を講義してもらいました。
ダシャーマールーとかヴャヴァサーラ・バランとか、聞き慣れない言葉がいくつかあって、なんとなく本場の香りがしていました。
ある意味、参加者にとって刺激的な授業だったかも。

授業の後は、毎週恒例のラオ先生宅のプージャーにみんなで参加しました。

Career_by_GaneshaRao_1207Abha_3shotRestaurant_1207

 

続きを読む

Day 01 開会式、トランジット

昨日(6日)からインターナショナル・セミナーが始まった。
30分ほどの開会式の後、食堂で軽くお茶をすませて、クラスが始まった。

BVB_1206_0BVB_1206_1BVB_1206_2

写真: 

左: 開会の辞を述べるShr.K.N.ラオ
中: 授業を受ける日本人参加者
右: 上級コースの授業風景(右奥には講師のゴウル大佐が見える)
 

続きを読む

デリー観光

今日から始まるインターナショナル・セミナーに参加するために日本からいらした三名と、昨日(5日)デリー観光をしました。

Jantar_Mantar_DelhiHanuman_TemplePalmreadingwith_Raosir

写真の左端から:

①デリーのジャンタル・マンタル(天文台)にて記念写真
②エネルギースポット、ハヌマーン寺院
手相を見てもらう
④最後はラオ先生宅を訪問 

ヨコリン、インドに来るの巻

今日(インド時間4日)、インターナショナル・セミナーに参加するために東京(正確には横浜)からヨコリンさんがやってきた。
大阪からは、ネコナさんはじめ2名の方が別便で到着した。

日本人のコーディネーター役をおおせつかった私は、ビサリアジと一緒に空港まで出迎えにいった。

ヨコリン_in_Delhi
インディラガンディー国際空港に到着してさっそくマサラドーサを食するヨコリン

今年のインターナショナル・コースは、6日から20日までの日程で催される。
今年も、私はスタッフとして講師のアシスタント兼通訳士として参加することになっている。

あぁ、わたしゃ病み上がりのみなんだけど、15日間も持つかなぁ~。
 

 


運命(デスティニー)と処方(ウパヤ) 4

このシリーズの最終回となる今回は、開運処方(ウパヤ)について書いてみましょう。

Upya Table
 

続きを読む

運命(デスティニー)と処方(ウパヤ) 3

前回までに、占星術のほんとうの目的が開運処方(ウパヤ)にはないことを書いてきました。
そして、処方(ウパヤ)に対する期待を煽るべきではないと。
すくなくともインド占星術については、そういえると私は思っています。

では、占星術を行うメリットには、他にどのようなもがあるといえるのでしょうか?
 

続きを読む

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: