Sh.K.N.ラオ、比叡山を訪れる

昨日は比叡山延暦寺に行きました。

延暦寺2 

延暦寺1


たまたま延暦寺大講堂では、慈覚大師1150年御遠忌の大法要(東京地区)が執り行われていました。
私たち一行も法要の末席に座らさせて頂きました。

Sh.K.N.ラオはたいへん喜ばれ、

「このような多人数の僧侶が行う法要(プージャー)に何回参加したことがあるか?」
「なぜ僧侶の中に尼僧が一人も含まれていないのかわかるか?」


と、私たち日本人同行者四名に問いかけてきました。

その答えは大阪に戻ってきてから明かされましたが、
法要のときにそうとう深い意識(瞑想のような状態)に入りかけたそうで、

「日本で最良の一日だった」
「今日は占星術はしない」
「今日の残りはこの余韻に浸っていたい」
「サンキュー」


とおっしゃられていました。

サンスクリットのマントラでないのに、
Sh.K.N.ラオがインドにおけるものと同様の経験をしたことを知って、
「なるほどねぇ~」
と、わたしたち一同は感心したのでした。

さて、今日はBVBセミナー@大阪の初日です。
気張っていきましょう。

Powered by JJS

慈覚大師円仁: 比叡山延暦寺第三代座主。慈覚大師円仁は日本のマルコポーロにもたとえられる。日記『入唐求法巡礼行記』には、度重なる苦難を乗り越え、何度もいのちの危険に見舞われながらも求法の志を失うことなく、約10年もの間、中国で学び帰国した様子が記されている。

マルマ @ 神戸

昨日は神戸にある山本ヨガ研究所でマルマのワークショップを開催しました。

コーベの意味は何だ?
と車中でSh.K.N.ラオに聞かれ、思い出しました。

そうそう、Drジョーシの本拠地ハリドワールは「神の門」という意味ですが
神戸も文字通り「神の戸(門)」ですよね。

それを説明すると一同「お~っ」とうなったのでした。

Kobe_1 Kobe_3 Kobe_4


写真の説明

左端: Drジョーシを紹介するDr橋本(左から、Drジョーシ、Sh.K.N.ラオ、Dr橋本)
中央: Drジョーシによるデモンストレーション
右端: 集合写真


Powered by JJS

Sh.K.N.ラオ、原爆ドームを訪れる

昨日は広島に行ってきました。

Rao_at_A-Dome

平和資料館にて
平和資料館内にて(左から:ボク、Drジョーシ、ビサリアジ、Sh.K.N.ラオ)

平和資料館では、Sh.K.N.ラオはちょっとがっかりの様子でした。

「(第2次大戦の戦勝国に気を遣いすぎていて)展示内容がトーンダウンされている
「(真実が)ねじ曲げられている

とくに「なぜ原爆が投下されなければならなかったか?」の展示コーナーには失望の色を隠せませんでした。

東京裁判で有名なパール判事の甥はかつてSh.K.N.ラオの部下だったそうです。
パール判決」について彼と何度も熱く語り合ったこともあったそうです。

何のことかわからない人は、『RememberPearlHarbor「真珠湾」を想い起こせ』が参考になるかも。

大学教授で詩人でもあるDrジョーシの妻ムリドゥルジは、
広島から戻ったあと、「貞子」のために詩を書いたそうです。


今日は、神戸のヨーガ教室でマルマ・ヨーガのワークショップを開きます。

Powered by JJS

東京 → 大阪

月曜日、東京から大阪に移動しました。

ラオ先生を見送る
東京駅で見送るスタッフ

昨日は宿泊先でゆっくり休養し、
今日から活動再開。

今日は広島にいってきます。

そうそう、どなたか東京裁判でのパール判事の判決文(英文)を知りませんか?

インターネットで探しておりますが、見つかりません。
Sh.K.N.ラオが探しております。

Powered by JJS

BVBセミナー@東京

金曜日から3連チャンのセミナーが無事終了しました。

「やっぱり、本物は違うわぁ~」

そういう感想を、複数の方から頂きました。

2012年BVB東京 

参加された皆様、スタッフの皆様に感謝します。

今日これから第2の開催地、大阪に向かいます。

Sh.K.N.ラオご一行、来日

昨夜(20日午後8時過ぎ)、Sh.K.N.ラオ、ビサリアジ、Dr.ジョーシご家族が来日されました。

ヨコリンさん、マユさんらと一緒にみんなで出迎えました。

Sh.K.N.ラオ(成田空港)
Sh.K.N.ラオご一行@成田空港

エア・インディアのストライキで
予定していた便がキャンセルされ、
急遽別会社の機材で来日。

出発が大幅にずれた上に、
しかも香港経由で、
長~い旅となってしまいました。

お疲れ様です。

Powered by JJS

BVBセミナー@JAPAN

いよいよ秒読みに入りました。

しかしSh.K.N.ラオ一行が来日予定の20日、台風が東京に直撃するんですよ。

私のセミナーに台風はつきもの。
去年のセミナーでも大きな台風が来たし、
2005年のポールのセミナーでも、たしか最大級の台風が来ましたよね。

ご迷惑をおかけします。

ところで、Sh.K.N.ラオは、体調に問題がなければですが
東京でも大阪でも二日間担当してくれるそうです。

今回出席される皆さんはラッキーですね!

高橋克也容疑者逮捕

ビサリアジによると

6月5日からセミナー開催のためにロシアを訪れていたSh.K.N.ラオ一行は、
昨夜インドに戻ってきたそうです。

早速、今日から来日の準備で奔走しているということです。
いまのかんじだと、おそらくSh.K.N.ラオの来日は予定通り実現のはこびとなるのではないかと思います。

ほっ、ひと安心。

さて、昨日、オウム最後の逃亡犯・高橋克也容疑者が逮捕されました。

昨日も今日もこの逮捕劇はどのニュース番組でも特別枠で報道されています。

最後のオウム特別手配犯の逮捕をもって、オウム事件の捜査は一応の終息をみる
ということで、報道が過熱気味です。

で、これほど大騒ぎだとホロスコープにもでているはずですよね。

JPN FNDTN
日本建国図
 

続きを読む

日本代表がオーストラリアに勝つ(6月12日)?!

Powered by JJS

不安要素はあるが‥やっぱり、今日も、日本の勝ちでしょう(Prediction)。

→ 結果: 1-1 の引き分けでした。

       序盤、日本が押され気味だったのは、ラグナがガンダーンタにあるからでしょう。
       そこが不安要素の一つでした。
       それにしても、審判の???の笛の連続には興ざめしました。


JPN vs AST

ところで、いま気になるプレディクションが2つあります。
 

続きを読む

日本代表がヨルダンに完勝(6月8日)

6-0で日本の圧勝でした。

試合開始時のホロスコープは次の通り。

2012.06.08 対JRDN戦
左:日本
右:ヨルダン 
 

続きを読む

【Sh.K.N.ラオが語る】 第19回 ~ 占星術は普遍的な学問です ~

Powered by JJS

【Sh.K.N.ラオが語る】の最終回です。

関連エントリ: 【Sh.K.N.ラオが語る】

聞き手: ボーン・ポール・マンリー
収録日: 2009年10月20日
撮影・編集・翻訳: 清水俊介


ボーン・ポール・マンリー: それは占星術がヒンドゥー教と関係しているからでしょうか?
 

続きを読む

【Sh.K.N.ラオが語る】 第18回 ~ 科学者だって占星術を学んでいる ~

清水が東京で書いています。

Powered by JJS

ビサリアジから報告がありました。

Sh.K.N.ラオはじめ来日予定の先生方は、日本のビザを無事取得したそうです。
6月5日からロシアでのセミナーに参加したあと、いったんインドに戻り、20日に来日する予定です。

そういえば昨年9月のセミナーでビサリアジはこういってました。

野田首相はやがて評判を落とす
2012年6月以降には首相交代の可能性も出てくる

これは、野田首相のナヴァーンシャの太陽、そしてダシャーにもとずく分析の結果でした。
いま振り返ってみても、なかなかサウンドなリーディングだったと思います。
要注目ですね。

さて、野田首相は「役人が書いた原稿を歴代のどの首相よりも心を込めて読むことができる」といわれています。
はやいはなしが、彼は政治家というよりも役者なんですよね。

ここで思い出すのがマハトマ・ガンディーです。

MGandhi

Sh.K.N.ラオは13歳の時、マハトマ・ガンジーの最初の青年奉仕者になりました。

Sh.K.N.ラオが授業の中でしばしば語ったガンジー像を思い出します。
そして、ついつい野田首相と比べてしまいます。

マハトマ・ガンジーは弁護士でしたが、職業人としてはどうもへたれだったそうです。

言行一致の人だったガンジーは、弁護士としてはどちらかといえば訥弁(とつべん)でした。
はったりをかけたり、なだめたり、すかしたり、丁々発止のやりとりが苦手でした。

しかしガンジーは、自分が信じる価値を守るときは、だれよりも雄弁でした。
そういうときは、自分の命さえも省みることはありませんでした。

役人の言葉を、あたかも自分の言葉であるかのように弄(ろう)し続ける野田首相。
対して、信念やサッチャ(真理)を語るときにだけ雄弁であり得たガンジー。

その結果は

簡単に「政治生命をかけて」を連呼するだけの野田首相。
ほんとうに「命を賭し」て暗殺されてしまったマハトマガンジー。

前者は結局何もできずに早晩退場するんだろうけど、後者は大英帝国を瓦解させた。

あまりにも対照的です。

さて、【Sh.K.N.ラオが語る】の18回目です。

関連エントリ: 【Sh.K.N.ラオが語る】

聞き手: ボーン・ポール・マンリー
収録日: 2009年10月20日
撮影・編集・翻訳: 清水俊介

ポール: 彼らキリスト教系イスタブリッシュメントは占星術に一番近い天文学にさえ異を唱えています。彼らがそうする理由は、先生がさっきおっしゃったとおり、もしそうしなければもっと多くの人々が教会ではなく、占星術師のもとに足を運ぶことになるからだと思います。

続きを読む

【Sh.K.N.ラオが語る】 のエントリ・リスト(リンク付き)です

Shr.K.N.ラオのインタビュー

聞き手: ボーン・ポール・マンリー
収録日: 2009年10月19日
撮影・編集・翻訳: 清水俊介

第1回 ~占星術との出会い~
第2回 ~裁判~
第3回 ~研究の必要性~
第4回 ~モダナイゼーション~
第5回 ~コンポジット・アプローチ~
第6回① ~グループ研究~
第6回② ~救済法~
第6回③ ~PACDARES~
第7回① ~サーダナとしての占星術~
第7回② ~どん欲な占星術師は短命に終わる~
第7回③ ~教訓~
第8回① ~やり残したこと~
第8回② ~グループ・リサーチのマス効果~
第8回③ ~グループ・リサーチの統計的価値~
第9回 ~再現可能なテクニック~
第10回 ~テクニックとスキル~
第11回① ~成功の秘訣~
第11回② ~リサーチを主眼に据える~
第12回① ~上達のヒント~
第12回② ~ホロスコープ収集のススメ~
第13回 ~アカデミック占星術 vs ポップ占星術~
第14回 ~法整備を進める~
第15回 ~西洋と東洋の違い~
第16回 ~ジョーティシュに威厳を~
第17回 ~科学者に挑戦する~
第18回 ~科学者だって占星術を学んでいる~
第19回 ~占星術は普遍的な学問です~

別のインタビュー

聞き手:Juliana Swanson
収録日:February 14th 2013

A Conversation with Kotamraju Narayana Rao


番外編: みなさんにぜひ読んでほしいエントリ

インド占星術心得─12箇条
【お願い】「BVB」と「KNRAO」のブランド価値の維持について
占星術を実践する上で一番注意すべきこと
占星術をプロモートするってこと <2009年ポールが来印した当時の清水の心境です>
医療占星術で恥をかかないために
占星術過 ~Menace of Astrology~
教えないガマン
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: