Day 06: 9室

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

六日目(30日)の講義のお題は、九室
講師は、もっともオリジナルなリサーチを行うことで定評のあるVPゴエル。
VPゴエル先生は、ヨーギニダシャー、寿命、分割図などについて著書があります。

VPGoel_9H

9室にはいろんな象意がありますが、今回の講義では、

①幸運(Luck)
②精神性(Spirituality)


ついて、興味深いはなしを披露してくれました。

前半ではNavamsha(D9) からどのように<幸運>を読み取るかについて事例を示しながら説明し、後半ではVimshamsha(D20) からどのように<精神性>を読み取るかについてはなしがありました。

最後の1時間は、プログレッシブ・ヨーギニダシャーの解説に費やされました。

ラグナがプログレスすることで、
36年サイクルの問題を解決したこのヨーギニーダシャーは、
分割図でもラグナをプログレスさせることができます。

また、ラグナがプログレスするとき、
その度数が重なる天体の影響が強く出るというはなしがありました。
ベンガル地方ではそういう使い方がされているそうです。

あと、質問時の月の位置を見て、その結果がいつ出るかを割り出す方法など、
示唆に富むヒントが多くあって、興味深かったですね。

Day 05: トランジット、のはず…

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

五日目(29日)の講義はトランジット、のはず。
ゴウル大佐が担当していた、はず。

というのは、清水は、今日はお休みだからでした。

風邪を引いて、咳が出て、熱が出て、痰が出たので、
大事をとって家で寝てました。

もう10日間近く通訳をしているので、疲れが出ました。
明日からすこしスローペースにします。

Day 04: 5室 と 中年期のダシャー

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

四日目(28日)の講義は、5室中年期のダシャーについてでした。
前半はナヴァル・シン先生が担当し、
後半は昨日に引き続くSh.K.N.ラオが担当しました。

Naval Singh 
ナヴァル・シン先生

ユニークで洞察の深さに定評のあるナヴァル・シンが、
専門とする教育・学業と深く関係する5室についてはなしました。

Middl_eAge_Daha

今日の講義は、中年期のダシャーに関するものでした。

・ダシャーバランスとバラリシタヨーガ
・BPHSにある星座の象意
・蠍座のラーフ
・5番目のダシャー
・10室と11室のアシュタカヴァルガ

などについて、ユーモアたっぷりに事例を紹介して頂きました。

Day 03: プラシュナ(続) と CRF

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

三日目(27日)の講義は、プラシュナSh.K.N.ラオの特別講義でした。
前半は、昨日に引き続きKKジョーシ先生が担当し、
後半はSh.K.N.ラオが担当しました。

Kota_Chakra
Kota Chakraについて講義をするジョーシ先生

前半はプラシュナとネータルチャートの関係性とその併用に関する事例研究でした。
これは瞠目に値する画期的な内容でした。

プラシュナとネータルとホラ(時間)は関連し合っていることが見事に示され、
そして、プラシュナとネータルのそれぞれから読み取れる内容を組み合わせて
どのよに相談者にアドバイスをするかという具体事例が示されました。

そして次に、コータチャクラに関する講義がありました。

コータチャクラは、最近私も<2013年危機>について書いたペーパー"Looming Crisis: Japanese-Chino Border Clash?"(おそらくJOA次号に掲載)のなかで使用しています。

昼食後は、Sh.K.N.ラオによる講義がありました。

Rao_Sports_Quota

30年前にSh.K.N.ラオが考案したCRFの説明から始まりました。

Classic(古典) → Romantic(現代的な解釈) → Formula(定式化)
重みは、Cが15、Rが80、そしてFが5。

そして、Rが重要となる以下のテーマなどについて

・スポーツ枠で大学受験に合格するパターン
・外国に移住するパターン
・弁護士に共通するパターン(プーチン)
・海外でのスパイ活動(プーチン)
・オーソドックスな結婚(インド、アメリカの例)

ユーモアたっぷりに講義をしてくれました。

その他にも、

・駆け落ちをしようとしていた少女が正気にもどった事例
・子供ができにくい事例

について興味深い事例が紹介されました。

※希望者には"Looming Crisis: Japanese-Chino Border Clash?"のPDF版をお送りします。
15ページの英文です。
メールでお申し込み下さい。
ただし、不本意な使用を避けるために以下の情報と一緒にお願いします。
・氏名
・住所
・年齢

Day02 プラシュナ

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

二日目の講義は、プラシュナです。
講師はKKジョーシ先生。
まだ40代ですが、最古参の先生の一人。
ビサリアジがまだ学生だった1992~3年当時、彼から習ったそうです。

Prashna_by_KKJoshi

2012年BVBインターナショナルセミナー@デリー  ~初日

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

25日、毎年恒例のインターナショナルセミナーの開会式及び最初の講義がありました。

特徴は以下の通り。

・参加者は45名近く。部屋に入りきれないほどの大盛況です。
 9月の時点で定員に達し、募集を中止したほど。

・アメリカからは、ポールとマークボニーが参加。
 マーク・ボニーは16年ぶりにSh.K.N.ラオとの再会を果たす。

・旧ソ連邦(ロシア、ウクライナ、カザフスタン)からは35名も参加。
 ほとんどロシアセミナーみたい。

マークボニーと点火式
マークボニー(左)とSh.K.N.ラオ(右)による点火式
 
ゴウル大佐の授業
ゴウル大佐の講義(職業)

マルマヨーガ特別セミナー@ハリドワール


Powered by
JJS

Also powered by Houz Khas

日本からJJSのメンバーがハリドワールを訪れ、
SKジョーシ教授から、 直接マルマヨーガの手ほどきを受けてきました。

マルマヨーガの権威からセオリーと実践を直接学ぶという
夢のような 4日間でした。

ハーブを学ぶ
アロエを使った薬用ハーブの実技を習うJJSメンバーたち

荒らし

JJSのメンバーがインドに来たので、
一緒にハリドワールというところに行ってきた。

Haridwar
ガンガ・アールティ


帰ってきたら、このブログのコメントに荒らしのリンクが張られていた。

他の某掲示板にリンクしてあって、そこで書きたい放題。
(すでにリンクは削除しました)

留守をねらっての荒らしか、はたまた神が与えたもうた試練か?

ハンドルネームをコロコロ変えては私の誹謗中傷を繰り返し
その一方で、よせばいいのに脈絡もなく某氏(自分?)をちょろっとよいしょする。

誹謗中傷を書いている人がだれかは、みなさんももうおわかりでしょう。

まもなく帰国しますので、知人の弁護士と相談し、
民事訴訟も視野に入れて被害届を出そうと思います。

もし裁判になった場合、
証言してくれる人はJJSのメンバーを始め、
一つ前のコメントで勇敢にも名乗りを上げてくれた方もいらっしゃるし、
おそらくほかにも名乗りを上げてくださる方はいらっしゃるでしょう。

それほど被害は広範なんです。
負ける気は、しません。

さて、司法手続きは粛々と進めていくとして、
私個人でもできることをしなければなりません。

つまり、アマゾンでの『実践インド占星術』(本多信明著)の豊田氏のレビューの件です。
 
 

続きを読む

イラン 2~4カ月で兵器級核燃料生産可能

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

<2013危機説>の根拠のひとつは、
ヒンドゥー・ニュー・イヤー・ホロスコープです。

日本と中国の2013年のヒンドゥー・ニュー・イヤー・ホロスコープは、戦争を表している。
さらに建国図からもそれが読み取れる。

そういう単純なロジックなんだけど

ところで、インドのヒンドゥー・ニュー・イヤー・ホロスコープがまたひどい。
 

続きを読む

<2013年危機>について書き始める

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

安倍自民党新総裁のホロスコープの検証が進まないでいるなか、
JOAの年末号への投稿に間に合わせるべく、
<2013年危機>について昨日から記事を書き始めました。

JOA尖閣の記事①

背景説明(Background)だけで丸1ページにもなってしまった。

中国の傍若無人ぶりを皮肉っぽく長々と書いてしまったからなのですが、
まぁ、バランスを考えるならすこし削るかトーンダウンさせるかしないとアカンかもね。

で、1週間で書き上げ、年末のJOAに間に合わせるつもりです。
載ったらいいんだけどね。 
 

続きを読む

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: