慰安婦問題に強力な助っ人外国人現る ~ マイケル・ヨン氏

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


いよいよ解散総選挙です。

朝日新聞を筆頭に、メディアの安倍首相への攻撃が激しいですね。

曰く、「大義がない!

なにかといえば、「国民に信を問うべきだ」と政権批判を繰り返してきたメディアですが、
じゃあ国民に信を問おうじゃないか」と政府が解散総選挙に打って出れば、
今度は「大義がない!」とはこれ如何!?

そうやって強制慰安婦の捏造問題から目をそらし延命を図ろうとする朝日新聞‥。
そう、天敵である安倍政権さえ倒せれば、朝日新聞の栄光は復活するかも知れない??

そこに、ようやくまじめに強制慰安婦問題に取り組む欧米系のジャーナリストが現れました。

たとえば(ネタとしてはもう古いですが)、

メディア等でも有名なテキサス親父ことトニー・マラーノ氏。
彼のYouTubeでの活躍は有名です。

もうすでにAstroDiaryでも何度も紹介してきました。
彼の名前で5冊も本が出版されています。



しかし、トニー・マラーノ氏慰安婦問題だけを扱っているのではありません。
なので、その背景について詳しく調べる資金と時間を彼は持ち合わせていません。
慰安婦問題について彼の活動及びその影響力には限界があります。

で、

私がここで紹介したいのは、最近、私が注目しているマイケル・ヨン氏です。

私は、先週インドから帰国してから彼のFacebookをずっとフォローしています。

https://www.facebook.com/MichaelYonFanPage

彼はチームを編成し、日本及びアジア諸国(韓国、タイ、シンガポールなど)を組織的に取材してまわっています。

慰安婦問題の背景にある中韓の反日工作についても、決して目を背けようとせずに調べているようです。

取材結果をもとに、現在、従軍慰安婦の問題について本を執筆中だそうです。

これはひょっとすると風向きが変わり始めているのかな、という予感がします。
 

続きを読む

解散総選挙の風

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


解散総選挙が近づいているそうです。

首相周辺「解散が21日以降に遅れることはない」 産経新聞 11月13日(木)

なんで?

まさに寝耳に水ですね。

おそらくこのタイミングで解散総選挙に出ないと、
予算編成が12月で終わってしまい、
官僚が描いたシナリオ通り
10%への消費税増税を前提とした予算が組まれてしまう

という意見がありますが、
なかなか説得力がありますね。

そう、安部首相は増税のタイミングを延期しようとしているようです。
 

続きを読む

華僑パワー

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


インドでセミナーに出席した後、マレーシアに寄って昨日帰ってきた。

私はこれまでに30カ国を訪れたことがあるが、マレーシアははじめてだった。

マラッカのリキシャー

続きを読む

DAY 10 修了式

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


11月05日、BVBインターナショナル・セミナーが終わった。

今年は11カ国から70名近い参加があった。

私の目にはみんなロシア人にしか見えなかったので、司会のビサリアジの報告を聞いて仰天したのだが、しかし丁寧に数えてみると、ロシア、ウクライナ、ウズベキスタン、カザキスタン、ブルガリア、ラトビア、シンガポール、日本、アメリカ、インド、タンザニアで、なるほど合計11カ国だった。

日本からは3名が出席していた。

修了式では、例によって日本を代表してスピーチをすることになった(↓)。

20141105 Speech Ending Ceremony

"This was my 5th time being here. But this time was different from the previous ones in that the state-of-art was being taught. This is the only place where the state-of-art can be taught and the state-of-art is being updated here at every moment. This means I have to come next year also. Thank you."

「今回は私にとって五回目の参加です。今回のセミナーはこれまでのセミナーと違って、最先端の知見が教えられました。ここ(BVB)は最先端の知見が時々刻々と更新され、そしてそれを私たちが学ぶことが出来る世界唯一の場所です。なので、おそらく来年も私はここに来なければならないでしょう。ご静聴ありがとうございます。」


今年のセミナーの特徴は、以下のとおり。

①テーマが絞られていた。
 前半はジェイミニ、後半は分割図だった。

②講義ではおもに最新研究の成果が発表された。
 そのことに気づかない参加者がほとんどだったような…(猫に小判だったかもね)。

③ラオ先生の講義が多かった。

2014BVBWorkshopGift

参加者全員に記念品として銅像(↑)と純毛のショールが贈与された。

ショールは、帰路、ストップオーバーで立ち寄っているマレーシアで、冷房の効きすぎた長距離バスに乗るときにとても役立っている。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: