DAY 05:スキル開発( 時刻修正) by K.N.Rao

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


アフガニスタンの地震、デリーでも数分間揺れを感じました。

南シナ海での米中の緊張が高まっていますね。
これは習近平のメンツをつぶす結果になるでしょう。
中国では、外交問題はそのまま国内問題になります。
習政権の終わりの始まりになるかも知れません。

昨日は5日目、終日ラオ先生の講義でした。

20151028_KNRao

お題は、"How to develop your skill in astrology"でした。
これは時刻修正のはなしといってもいいでしょう。

日本では、時刻修正をダシャーで行っている人がいますが、
その前に分割図が正しいかどうかを検証すべきです。

昨日の講義は、分割図の見かたに関するはなしが中心でした。

スナップショット・メソッドといわれる、ホロスコープを検証する際にラオ先生がよく使うテクニックもいくつか紹介されました。

DAY 02: 教育、留学、事故 by Naval Singh and K.N.Rao

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


第一部: 教育と留学

講師はナヴァル・シン。

Day 2 Naval_Singh Education

教育の成否は、IQ(知能指数)だけでなくEQ(心の知能指数)によっても左右される。
とくに大人になってからスムーズな人生を送ることができるかどうかは、IQよりもEQに依存する割合が高い。

EQをホロスコープでどうみるか?

あと、海外留学の事例をいくつか検討しました。

第二部: 事故

講師はK.N.ラオとリサーチ・メンバー。

いわゆるアリシュタは、病気と事故の両方を表します。
一般には病気と事故の区別はされていません。

このリサーチの報告では、事故のアリシュタの特徴を紹介し、
事故死をした人のホロスコープを検証しました。

Day 2 KNRao and Abha

アバ・シャルマ(写真右)も発表していました。

興味深かったのは、ジェイミニ・トリムシャームシャを使った分析でしたね。

DAY 01: トランジット by K.K.Joshi

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


毎年恒例のBVBインターナショナルセミナーが始まった。

今年でもう6回目になる。
すべてに参加しているわたしは皆勤賞ものである。

受講生は、ロシア、カザフスタン、ウズベキスタンから約50人。
そして地元インドから4人、あとはベルギー、シンガポール、リトアニアから1人ずつ。

今回もロシア語の通訳を介しての講義となる。

初日(DAY 01)のお題は「トランジット」。

講師はK.K.ジョーシ先生。

Day 01_KKJosh
 

続きを読む

1年ぶりのインド: ナヴァラトリー

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


20日からインドのデリーに来ています。

インドは秋のナヴァラトリー(九夜)という祭りの真っ最中。

このナヴァラトリー、インド各地で様々な祝い方があるようです。

たとえば東インドではドゥルガープージャーとなるようです。
デリーを含む北インドでは、ラーマーヤナを唱和して祝います。

到着早々、一昨日そして昨日と、
ラオ先生の家でややハードなプージャーに参加しました。

この二日間で7時間をかけて
トウルシーダースが書いた「ラーマーヤナ(रामायण)」の外伝、
つまり『シュリーラーマチャリタマーナサ(श्रीरामचरितमानस)』の
スンダラカーンダからウッタラカーンダまでの三章を唱和しました。

けっこうしんどかった。

今日は10日目、最終日でラーマリーラといって、
ラーマーヤナが街中のあちこちで演じられ、たいへん混雑するそうです。

なので、今日のプージャーは早めに始めて早めに解散するそうです。

そして、明日から2015年BVBインターナショナルセミナーが始まります。

20151020_プージャーマルマを受けるラオ先生


写真左: プージャーの模様
写真右: プージャーの後、ラオ先生の部屋でマルマセラピーを生徒にしてもらうラオ先生。
その間、わたしの質問に答えてもらっているところです。


オーソドックスなムフールタの選定法

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


安倍改造内閣のホロスコープは、ムフールタ(エレクション)のひとつです。

意図的に選んでいませんが、このホロスコープにはムフールタのルールが当てはまるはずです。

ところで、わたしのムフールタの選定プロセスをすこし紹介しましょう。

これはオーソドックスな選定方法だろうと思います。

Step1: 占星術ソフト、シュリジョーティスターでインド暦(パンチャーンガ)を出力する

SJSパンチャーンガ
 

続きを読む

第3次安倍改造内閣発足

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


「午後5時すぎから、皇居で新閣僚の認証式が行われ、第3次安倍改造内閣が正式に発足しました。」NHK
「午後3時57分、皇居着。内奏、閣僚認証式。 午後5時26分、皇居発。」時事通信

ということで、10月7日の午後5時過から午後5時26分までのあいだに認証式が行われたことがわかります。

産経によると午後5時22分に内閣発足とあったので、それで第3次安倍改造内閣発足時のホロスコープを作成してみました。

20151007 第3次安倍改造内閣

ラグナは15°~23°の範囲におさまり、D4、D9、D10のラグナは変化します。
 

続きを読む

2015年ノーベル賞、医学・物理ダブル受賞!

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


2015年のヒンドゥーニューイヤーホロスコープ for JAPAN

向こう1年間に日本で起こる出来事を見るときに使うホロスコープです。
(2015年3月20日~2016年4月7日)

ヒンドゥーニューイヤー2015

ノーベル賞に関するハウスは11室。
科学・技術・文化は5室。

どちらも強いですね。

ところで、ノーベル賞にもいろいろあるようですね。

?(クエスチョン)がつくのはなんといっても平和賞。
次に、役に立っているのかどうかあやしい経済学賞。
最近は政治的になってきた文学賞にも?がつき始めているそうです。

日本建国図に見るマス・メディア

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


わたしが、メディアがおかしいと思い始めたのは2012年だった。
尖閣諸島をめぐる日中の対立が先鋭化しているときだった。

どうもメディアの報道がおかしい、どっちの側に立っているんだろう?
そのときからそう思い始めた。

わたしは2012年末、2013年に日中衝突の可能性を指摘した記事を書き、JOAに投稿した。

日中衝突 2 2012-12-09

その記事の評判はBVBでも良かったし、実際、2013年2月中国海軍のフリゲート艦は自衛隊の護衛艦にレーダーを照射しロックオンした。

─────────────────────────────────
【2月6日 AFP】小野寺五典防衛相は5日夜、中国海軍のフリゲート艦が1月30日に東シナ海で海上自衛隊の護衛艦に射撃用の火器管制レーダーを照射したと発表した。

 日本と中国の艦艇間でレーダー照射が明らかになったのは初めて。両国関係は尖閣諸島の領有権問題で緊張が高まっており、武力衝突が起きる恐れもあると懸念する声も聞かれている。

 小野寺防衛相によると、1月19日にも自衛隊ヘリコプターが似たレーダー照射を受けた。関係者によれば、19日と30日のレーダー照射はともに数分間続いた。
─────────────────────────────────

青山繁晴氏はラジオの番組で、中国潜水艦が自衛隊艦船に向けて魚雷発射管のハッチを開けたこともあったと、自衛隊幹部筋のはなしを紹介していた。

自衛隊艦船でなくて米軍艦船だったら、もちろん即戦火を交えていたであろう案件のオンパレードである。

当時、中国軍は臨戦態勢に入り、自衛隊機一機あたりいくら、艦船一隻あたりいくら、というふうに懸賞金をかけて兵士をあおり、士気を高揚していたことが、中国の軍関係のメディアなどに書かれてあると報じられてもいた。

大事にいたらなかったのは、ひとえに自衛隊の忍耐と規律、そして僥倖によるものであった。

続きを読む

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: