FC2ブログ

サクリファイス(犠牲)を払う

わけあって家のなかを大掃除・大整理しているんですが、こういうときによくあるはなしをひとつ。


それは


片付け中に手に取った


 むかしのアルバムに見入っていまう…

 むかしの講義ノートを読み込んでしまう…。


んで、整理が滞ってしまう…。


写真は2013.03.29のノート。



インドの占星術学校、バーラティーヤヴィディヤバヴァンに留学していたときの、ラオ先生のシニア・リサーチ・クラスでの講義ノートです。



不効率を承知のうえで、ラオ先生の一言一句を書き取ってます。



いまならもっと賢い方法で、たとえばアプリを使ってもっと効率よくノートをとると思いますが、とにかく強いインドなまりの英語にまだ慣れていなかった頃のことで、とりあえずラオ先生の講義はすべて記録しておこうと必死でした。


そんな苦労のひとつひとつを思い出しながら、ノートを読みふけってしまい、作業の手が止まります。



それで


ラグビーワールドカップベスト8に進んだ全日本代表の選手たちがインタビューに答えて口をそろえて発していたキーワードを思い出したりなんかしたわけです。



「僕らが払ってきた4年間のSacrifice(サクリファイス)の結果です!」。


日本国民が一同に感動し涙したあの言葉です。


こういうノートを見直しているとね、同じ言葉が思い浮かんでくるんですよ~。


そう

Sacrifice(サクリファイス) 


僕もいちおうこのサクリファイス、犠牲を払ってきたんだよね~。


しかも


4年間じゃなくて6年間も…。


ただ


ラグビーワールドカップのような檜舞台もなければ

大勢の観客サポーターもいない。

だけど、思いの強さと純度は一緒だった。


そんな6年間でした。



しかし、その一方で

しかも、たいへん残念なことに

なんのサクリファイスも払わずに

スパイを送り込んで

その結果だけを盗みに来る不逞の輩がいる。

イカンですなぁ~~


そして


恥を知れ!


ですな。


Sacrifice comes before success



S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: