薬物中毒

薬物依存症は、ホロスコープのなかではどのように現れるのでしょうか?

まず、2ハウスは、なにを体内に取り込むのかを表すハウスです。とくに、口から体内に取り込む物を表 します。なぜなら、2ハウスと牡牛座(2つ目のサイン)は、口に関係するからです。それらは、飲食物、スピーチなどと関係するハウス、サインです。です から、2ハウスやそのルーラーに凶星が絡む(在住やアスペクト)と、 口から取り込む物質が、アルコールやタバコなどのように、依存性がある、あるいは有毒であることを示しています。

月のノード、ラーフとケートゥは、とりわけ依存症と関係し、土星や火星は、むしろ有毒物質と関係します。金星は、快楽と耽溺の惑星です。拡大を表す木星が金星にアスペクトすると、耽溺の傾向がさらに強化されます。

くわえて、12ハウス、魚座(12番目のサイン)は、自己耽溺や逃避傾向を表します。それらは、柔軟で、水の性質を帯びた、「だらしない」境界領域であ り、「自我やアイデンティティーの崩壊」を意味します。12ハウスは、4ハウスと8ハウスとともに、モクシャ・ハウスなので、「覚醒」を表します。 8ハウスと12ハウスは、凶ハウスであるドクシュタナ・ハウスでもあります。ドゥシュタナ・ハウスは、「悪行」「違法行為」を表すこともあります。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: