宝石より大切なもの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昔、賢者である女性が山道を歩いているとき、せせらぎの中に宝石を見つけました。翌日、彼女は空腹の旅人と出会いました。彼女は、食べ物を分け与えるため に荷を解きました。空腹な旅人は、解かれた荷の中に宝石を見つけ、それを譲ってもらえないかと彼女に頼みました。彼女は、ためらうことなくその宝石を旅人 に与えました。旅人は、彼女と別れた後、ツイていると人知れず喜びました。彼は、その宝石に、一生楽して暮らしていけるだけの価値があることを知っていま した。しかし、数日たって、その旅人は彼女のもとに戻ってきました。そして、その宝石を返しました。

「ずっと考えていたんだが、わたしは、この宝石がとても貴重であることは知っています。しかし、それをあなたにお返ししたい。そのかわり、あなたからもっと貴いものを頂きたいのです。それは、その貴重な宝石を人に惜しげもなく与えることのできるあなたの心です。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このはなしは、処方として宝石に固執することがいかに本流から離れているかを物語っています。チャート のなかに現れる困難なカルマは、過去における否定的な思考と行為の結果です。それは、利己的なものだったかも知れません。しかしそれは、慈善活動や修行な どの正反対な行為(善行)によって修正できます。とくにそれらの行為が誠心誠意おこなわれるなら、そうです。KNラオは、「だれでも、自分の宗教と文化に したがって祈ってしかるべきです。必ずしもヒンドゥー教にしたがう必要はありません。重要なのは、心を込めることなのです」と言います。

西洋では、宝石による処方が重視されていますが、どの古典にも宝石を占星術の処方として使うとは書いてありません。ジョーティシュの古典として最も権威の ある『ブリハット・パラシャラ・ホラ・シャストラ』のなかで、聖仙パラシャラは、マントラ、慈善活動、ヤギャ(儀式)、プジャ(祈り)などのを薦めていま す。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: