FC2ブログ

【紹介】 ベーダーング・ジョーティシュ

清水俊介が書きます

私のHPの『インド人脈』で紹介してあるシュリKNラオのお弟子さんたちのHPです。

彼らが運営するベーダーング・ジョーティシュ: http://vedangjyotish.com/

Vedang Jyotish


現在彼らは有料鑑定をやっております。欧米などから多くの問い合わせがあると聞いてます。

売上は、チャリティー、ジョーティシュの研究や出版などに使われるとのことです。
彼らの趣旨を尊重し、仲立ちや翻訳の料金として私が受け取る分は、シュリKNラオ・センター(シュリKNラオの書籍を日本で翻訳・出版をする組織)の設立・運営資金にまわします。

いまのところインドへの送金料は高く、クレジットカードによる決済もまだ一般的ではないので、希望者があれば私が仲立ちします。
つまり、(1)日本語の鑑定依頼を英語に翻訳したうえで送付し、(2)鑑定料の支払いを代行します
支払いの代行ですが、ある程度まとまった段階でまとめて送金するか、あるいは今度渡印したときに直接手渡します

①英文の鑑定:     10,000円
②日本語の翻訳付:  15,000円

①は、鑑定依頼と支払いの代行を含みます。日本語による依頼を英訳して送り、やりとりを仲立ちします。鑑定結果は英文で届きます。日本語の翻訳はありません。

②は、①に加えて日本語翻訳付きです。私が翻訳致します。

本音をいえば、①が望ましいです。
が、どうしてもという希望者には、②もやります。

また、シュリKNラオから直接占星術を学んでいる人たち(シュリKNラオは弟子をとらないので、彼らは弟子ではありません)が鑑定するので、鑑定スタイルはシュリKNラオに似ます。つまり分割図を積極的に使います。シュリKNラオは、7~8割の人のナヴァーンシャおよび重要な分割図は間違っているといいます。そして「ナヴァーンシャをみないで鑑定するのは子供を流産させるに等しい」ともいいます。つまりどういうことかというと、鑑定に入る前に誕生時刻を検証する必要があることを意味します。ですので、過去の重要な出来事や略歴をできるだけ正確に(できるなら年月日、少なくとも年月のレベルで)お教え頂く必要があります。その上で、鑑定が可能かどうかを見極めることもあるかも知れません(始まったばかりなのでどうなるかわからないところもあります、正直)。

※なお、シュリKNラオによる鑑定ではありません。念のため。

【鑑定依頼フォーム】

依頼が殺到しておりまして、現在募集を中止しております。申し訳ありません。

鑑定依頼フォームは下記の通りです。鑑定希望者は下記のフォームの内容を私宛にお送り 下さい。私はそれを英訳してベーダングジョーティシュに送ります。何回かのやりとりがあるとおもいますので、それも含めて仲介をさせて頂きます。そして鑑 定依頼が正式に受理された段階でお支払いのご案内をさせて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誕生データ
───────────────────
誕生年月日:
誕生時間:(母子手帳を参照のこと)
誕生場所:(市町村)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご自身に関する情報
───────────────────
・兄弟姉妹の数(兄、弟、姉、妹)
・学校での専攻科目
・関心のあるテーマ
・仕事の内容(職種、役職など)
・職歴(できるなら年月日まで、少なくとも年月)
・過去の重大な出来事(できるなら年月日まで、少なくとも年月)
 たとえば、出会い、入籍、結婚式、出産、流産、離婚、就職、転職、引越、事故、ケガ、病気、身内の不幸、失業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご質問
───────────────────
3つまで
※できるだけ簡潔にお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご連絡先
───────────────────
ご住所:
電話番号:
───────────────────



【参考記事】

───────────────────────
『インド人脈』 からの引用
(
)
───────────────────────

【シュリKNラオの生徒さん】 アニール・シン、アバ・シャルマ

私の友人であり、つねにシュリKNラオの近くにいるお二人です。シュリKNラオを取り巻く人々のなかではまだ若輩ですが、シュリKNラオの理念をできるだけ忠実に現象化させようとする意欲においては誰にも負けません。

彼らが運営するベーダーング・ジョーティシュ: http://vedangjyotish.com/

ここでの売上はすべてチャリティーに使われます。

アニールアバも、ヴェーダーンタとしてのジョーティシュを真摯に学ぶシュリKN ラオの優秀な生徒さんです。シュリKNラオの自宅で毎週行われるプジャに参加すると、きまって彼らも出席しています。シュリKNラオと巡礼に行くと、やは りきまって彼らも参加しています。そんなことで自然に彼らと親しくなりました。私たちのあいだにはシュリKNラオの占星術だけでなく精神性にも強く惹かれ るという共通項があり、同じグルを共有するグル・バイとして自然と連帯感が生まれました。

彼らは、シュリKNラオの研究科コースでは、クラスで扱うホロスコープの準備や分析を担当し、シュリKNラオを裏で支えています。ジョーティシュの季刊誌ジャーナル・オブ・アストロロジー(JOA)への常連の寄稿者でもあります。

アニールは1997年からバールティア・ヴィッディヤ・バワン(BVB)でジョーティシュを学び、2年コースの修 了後もずっとシュリKNラオが担当する研究科コースに在籍しています。「ファカルティーの一員として教える立場にならないか」というシュリKNラオの誘い を断ってまでも研究科コースに居残る理由は、「教官になるとラオ・サーの授業を受けることができなくなるから」。ちなみにBVBで教壇に立つというのはと ても名誉なこと。だれもそれを断ったりしません。そんなアニールはクラスでは一目置かれる存在です。ときどき欠席の教官のピンチヒッターとして教壇に立つ こともあります。

Anil Singh
Anil Singh

アバは2001年からジョーティシュを学んでいます。とても研究熱心で最近のJOAには彼女の記事が毎回必ず掲載され ています。占星術の発展・普及に多大なる貢献を果たしたとして、2008年3月、バールティア・ヴィッディヤ・バワン(BVB)からゴールドメダルを 授与されました。シュリKNラオの手足となって出版、授業を支えるほか、シュリKNラオがテレビに出演するときもテレビ局まで同行したりしています。


Abha Sharma
Abha Sharma

Jai Guru Deva
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: