マイケル・ジャクソンのホロスコープ ── その1: どれが正しい?

ポールが書いてます。 

マイケル・ジャクソンが亡くなった6月25日、わたしはどれがマイケル・ジャクソンのホロスコープとしてふさわしいかを深夜まで検討していました。

マイケル・ジャクソン_写真

 

astrodatabankのウエブサイトは、マイケル・ジャクソンの出生時刻として可能性のある時刻をいくつか挙げています:11:45pm, 7:54am, 3:00am, 1:30am, 12:09pm, 8:47am, 11:53pm, and 10:30pm.

わざと誤った時刻を公開して自身のプライバシーを守り、占星術家を混乱させようとしていると勘ぐることも可能でしょう。

わたしは、これまでに起きた出来事との検証はさておき、まず彼のネータル・チャートだけをみて正しい時刻を探ろうとしました。

わたしには、出生時刻3:00amの説がもっともそれらしくみえました。

マイケル・ジャクソン_データ
マイケル・ジャクソン_D1
Michael Jackson's Natal Chart



蟹座ラグナのチャートになります。

音楽の星、金星はラグナに在住し、10ハウスルーラーで定位にある火星からアスペクトされています。これは、彼の仕事熱心さ、野心、強さを表しています。

10ハウスで定位にある火星は、ルチャカ・マハープルシャ・ヨーガを形成します。マイケルは音楽家であるだけでなく、ダンサーでもあります。火星と金星のコンビネーションはダンサーにしばしば見受けられる組み合わせです。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: