2009年ヒンドゥー・ニューイヤー・チャート: 疫病とストライキ

清水がデリーで書いています。

今年に入ってインドでは、従業員の不当解雇に抗議して航空会社のストライキが続いた。
そして今日、全国の銀行がストライキに入った。

そしてついに一昨日、とうとう豚インフルエンザの一人目の犠牲者がインドでも出た。
14歳の女子学生だった。
発生地のプネでは大騒ぎになっている。

Swine_flu        Swine_flu_Panic2

こういった事件を受けてSh.K.N.ラオが8月4日に記事を書いた。
その骨子を紹介しよう。
 

Excerpted from "HINDU NEW YEAR HOROSCOPE 2009: YEAR OF EPIDEMICS AND STRIKES" by Sh.K.N. Rao (2009.08.04)

旱ばつ

2009年7月11日のバールティア・ヴィッディア・バワンの入学式において、試験委員長のヴィネイ・グプタは新入生に向かってこう言った。

先月のアーチャリア・コースの期末試験を通過した生徒たちは、マンデーン占星術の答案用紙に、「2009年は全体的に降雨量が不足しており、とくに北インドと東インドでは旱ばつの様相を呈するだろう」という解答を書いた。そしてそのとおりになっている。しかしインド気象庁はこの深刻ともいえる現状を認めようとしない。

しかしモンスーン・シーズンが明ける7月末までの各地での降雨観測を調べてみると、インド全体としては例年に比べて19%も降雨量が少なかった。たしかに雨不足である。

2009_Hindu_New_Year
ヒンドゥー・ニューイヤー・チャート

疫病

ヒンドゥー・ニュー・イヤー・チャートを授業で分析したとき、2009年は疫病ストライキ(労働争議)の一年となるだろうという話になった。

チャートでは、ラグナ・ロードの金星を含めた4つの天体が6ハウスに集中し、金星は逆行している。

それだけではない。今年は大量死も懸念される。

ナヴァムシャ・チャートでは8ハウスは悪く、7ハウスもさらに悪くなっている。
なので、後半はその危険性がさらに増す。

そして、インド建国図(1947.8.15)では、いまはダシャー・チッドラである。

マハラシュトラ州が疫病法を可決し、豚インフルエンザが猛威をふるうのをいまかと待ち受けているのは、そのためであろう。

WHOが2年以内に20億人以上の人が感染するという悲痛な警告を発していることは記憶に新しい。

一昨日、豚インフルエンザの最初の犠牲者の一報を聞くことになったが、それはモンスーン明けに訪れる脅威の幕開けでしかない。

(4 August 2009)
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: