バールティア・ヴィッディア・バワンにかんする誤情報

デリーで清水が書いています。

読者からたまーにある問い合わせの中に、バールティア・ヴィッディア・バワン(Bhartiya Vidya Bhavan)に関するものがたまーにあります。

バールティア・ヴィッディア・バワンについて誤解というか、誤った情報がインターネット上に流れているようですね。

混乱されている方もたまーにいらっしゃるみたいです。

なので、わかる範囲で訂正しておくです。

関連エントリー: バールティヤ・ヴィッディヤ・バワン占星術コース

  
誤解①: バールティア・ヴィッディア・バワンは国立の研究機関である。

いいえ、私立の学校なんです。
インド政府からはなんの援助も受けていないんです。
おもに生徒の授業料で運営されており、すくなくとも占星術コースの先生は無報酬で教えているそうです。
でも、占星術コースは人気コースなのでけっこう資金は潤沢みたいですけど。

誤解②: バールティア・ヴィッディア・バワンの「アランカール賞」「アチャーリヤ賞」はインド政府から授与されるインド占星術最高の賞である。

少なくともバールティア・ヴィッディア・バワンは「アランカール賞」「アチャーリヤ賞」なるものを生徒に授与することはないですね。

しかし、バールティア・ヴィッディア・バワンの占星術コースには、「アランカー」と「アチャーリヤ」と呼ばれるコースがあるのはたしかです。
「アランカー」は1年目、「アチャーリヤ」は2年目に相当します。

修了者には、それぞれ「ジョーティシュ・アランカー」「ジョーティシュ・アチャーリヤ」というタイトルが与えられます。

毎年数百人の人がこれらのタイトルを授かります。
なのですでに数千人の人に授与されているはずです。

なお、バールティア・ヴィッディア・バワンがインド政府とは無関係の組織であることからわかるように、インド政府はこれらのタイトルの授与には関与していないと思います。

さらにいえば、インド政府が占星術をプロモートしたというはなしも聞いたことないですね。

インドでも政治家は占星術を利用することがあっても、公では占星術を否定するのが常だそうです。

誤解③: 「アランカール賞」「アチャーリヤ賞」はどちらもゴールド・メダルと呼ばれ、インド占星術家にとって最高の賞である。

繰り返しになりますが、「アランカール賞」「アチャーリヤ賞」というのはないですが、「アランカー」「アチャーリヤ」と呼ばれるタイトル(称号)なら存在します。
毎年数百人がそのタイトルを授与されますので、占星術家にとって最高の賞といっていいのかどうか・・・。

しかし、ゴールド・メダルはバールティア・ヴィッディア・バワンにも存在します。

それは、「アランカー・コース」や「アチャーリヤ・コース」の期末試験で最高得点を取得した生徒に授与されます。

つまり一等賞ですね。

しかしこれもよくいわれるのですが、試験結果がよいからといって占星術家として優秀であるかどうかは別だそうです。
でも、その逆はないようです。

あと、リサーチ・コースにもゴールド・メダルの授与がときどきあったりします。

リサーチ・コースには試験がないので、試験結果の得点ではなく、リサーチによって占星術の発展・振興に大きく貢献したと認められる者に対してゴールド・メダルがときどき授けられるようです。

ちなみに3月から遠隔授業の講師をしてもらっているアバ・シャルマは、昨年、リサーチ・コースでゴールド・メダルを授与されています。

あと、ずいぶん前になるけど、アメリカ人のマーク・ボウニーも特別にゴールド・メダルを授与されているはずです。
西洋におけるインド占星術のプロモーションに貢献したというのが受賞理由でした(たしか)。


ちなみに、バールティア・ヴィッディア・バワンの占星術コースは下記の通りになっています。
──────────────────────────────────
アランカー・コース:      1年間
アチャーリヤ・コース:     1年間 (←清水はここに在籍)
──────────────────────────────────
ジュニア・リサーチ・コース: 2年間
シニア・リサーチ・コース:  年限なし (←アバはここに在籍)
──────────────────────────────────

以上です。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: