来年を占う?

清水がまだデリーで書いています。

日本ではそろそろ来年はどういう年になるのかという話で持ちきりではないでしょうか?

いまマンデーン占星術の試験準備をしているところなので、メモをかねて1年を占うのに必要なホロスコープを列挙してみましょう。

参考エントリー: 
鳩山政権発足のムフルタ─1
鳩山政権発足のムフルタ─2
鳩山政権発足のムフルタ─3
   
分析に必要なチャートを重要度順に並べるとこうなります。

①日本のファンデーション・チャート(建国図)
②ヒンドゥー・ニューイヤー・チャート(新年図)
③スーリヤ・ヴィッディ・チャート(太陽がサインを移動する瞬間のチャート)-12図
④ルナ・チャート(新月図、満月図)-24図
⑤ヴァルシャファル(建国図のアニュアル・チャート)
⑥各種チャクラ(サンギャッタ・チャクラ、クールマ・チャクラ)
⑦スペシャル・トランジット・チャート
  -建国図のラグナロードが特定のサインに入るとき
  -火星、土星、木星、ラーフ、ケートゥなどが絡みあう・位置を変える・動きを変えるとき
⑧エクリプス・チャート(日食図、月食図)
⑨プラネタリー・キャビネット(天体の内閣)
⑩与党・野党のファンデーション・チャート(結成・発足・分裂・再編時のチャート)
⑪首相のホロスコープ
⑫認証式のホロスコープ


めちゃ多いでしょう?

ひとつひとつの説明はおいといて…。

定石は、まずこれらをつくってひととおり概観する。
それだけで、来年はこんなふうになるんじゃないかというイメージが浮かんでくるでしょう。
その上で、気になるテーマや時期について、精査していけばいい。

しかし残念なことに、日本については、①、⑤、⑩、⑪が定まっていない。

①の建国図として明治憲法の公布日を使用している人もいるようだけど、それはちと違うんではないかと私は思う。
日本についてぜーんぜん詳しくないSh.K.N.ラオも、明治憲法説については言下に否定していた。

なので、日本について一年の予測をきちんとやるのは、インド占星術ではいまのところ困難だ。

もっとも、②だけを見てテキトーにやってやれないことはない。

あと、⑫認証式のチャートはやはり重要度が低いのがわかるでしょう。
それでも、結構結果は出るようですけど。

⑪の首相のホロスコープは実はもっともっとリストの上に来てもいいはず。

ロシアなんかはプーチンが大統領になったとたんに良くなったし、アメリカはジョージ・ブッシュが大統領になってから一気に転落した。
日本も、この失われた20年間はリーダー不在の20年間でもある。
Sh.K.N.ラオがいうとおり、「ラージャー・カーラッシ・カーラナン」つまり「良い時期も悪い時期も王が作る(国の盛衰は王しだい)」なのである。

いずれにせよ、課題は多いですね。


なぁーんだ、エントリーのタイトルを見て「来年の占いが書いてあるかと思った…」という人へ。

期待を裏切って申し訳ありません。
結論からいえば、そんなに簡単じゃぁないのね。
それをおわかりいただければ十分です。

あとはやはり、地道に研究を重ねて、課題をひとつずつ解決していくしかないんでしょうね。
占星術は科学なんだから・・・。

今日は、そんなところです。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: