fc2ブログ

せみなー・ふぉあ・らららっしゃんず

デリーで清水が書いてます。

試験が終わった翌日の14日、バールティア・ヴィッディア・バワンで特別のセミナーが始まった。

Seminar_for_Russia_2009
      
去年に続いて今年も占星術を学びにやってきたロシア人。
彼らを対象としたテーラー・メイドなセミナーだ。

スケジュールと担当教官は下記の通り。

14日: 「ヨーガ、コンポジット・メソッド」(M.パタック先生)
15日: 「トランジット、コートゥ・チャクラ」(A.K.ゴウル先生)
16日: 「ジャイミニ」(V.グプタ先生)
17日: 「アシュタカヴァルガ」(ラディカ先生)
18日: 「マンデーン」(M.S.メータ先生)
21日: 「結婚と子供」(D.ビサリア先生)
22日: 「コンディショナル・ダシャー」(M.パタック先生)
23日: 「教育」(ナヴァル・シン先生)
24日: 「ファイナンス」(A.K.ゴウル先生)
25日: 「プレディクティブ」(M.パタック先生・Sh.K.N.ラオ先生)

はっきりいってドリーム・チームです、このメンツは。

私は試験疲れでまだ心身くたくただけど、滅多にないチャンスなので無理をいって参加させてもらっている。
朝10時から夕方5時まであるので、正直いってけっこうきつい。

先生が英語で講義をし、それをロシア語に逐次通訳しながら進行する。
とうぜんだけど生徒からの質問はロシア語から英語に訳される。

インド英語はかなり訛りが強いんだけど、こうしてロシア訛りの英語を聞いていると、インド英語が正統な英語に聞こえてくるからおかしい。

というか、そういうのはやばいのかも。

そういえばポールが来たとき、ポールの英語がSh.K.N.ラオには通じにくく、逆にSh.K.N.ラオの英語がポールに通じにくかったことかあって、私があいだに入って何度か通訳をしたことがある。

・・・・

ま、たのしんでます。

そんじゃあ、また。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: