アバ・シャルマの遠隔授業4月11日開講 → 2期生募集中

アバ・シャルマによる遠隔授業(ベーシック・コース)の2期生を募集しています。

定員になりました。
今後のお申し込みはキャンセル待ちとなります。

ADMISSION IS CLOSED!
BUT YOU CAN SIGN UP FOR WAITING LIST


4月11日(日曜日)に開講決定!

インターネットの会議システム
を使いインドからリアルタイムレクチャーをお届けします。

関心のある方はご連絡ください。 

  Abha at Pragya
テレビ番組「Pragya」に出演するアバ・シャルマ  

 


内容: 入門・基礎編(ベーシック・コース)
講師: アバ・シャルマ (ジョーティシュ・アチャーリヤ、シュリKNラオの学校に在籍中)
通訳: 清水俊介 (ジョーティシュ・アチャーリヤ、シュリKNラオの学校に在籍中)
言語: 日本語と英語(アバの英語を清水が日本語に逐次通訳します)
曜日: 日曜日
時間: 午前11:30~午後01:00(1時間半)
頻度: 隔週(だいたい2週間に一回)
回数: 30回
日程: 4月11日開講(2回目以降は下のスケジュール参照)
定員: 13名


※3月中末日までに受け入れを正式に決定いたします。
※定員を超えた場合、基本的に申し込み順を考慮しますが、遠隔授業で使用するインターネット会議システムの接続に問題がないことを確認した上で順次正式に受け入れを決定いたします。
ですので、受付から正式決定まで多少時間がかかることもありますし、定員オーバーの場合は受け入れがかなわないこともあります。あらかじめご了承ください。

このコースの位置づけ

シュリKNラオのシニア・リサーチ・コースに長年在籍し、「ジャーナル・オブ・アストロロジー(Journal of Astrology)」に多くの記事を投稿してきたアバ・シャルマが、バールティア・ヴィッディア・バワンの占星術コースで教授される内容をベースに授業を組み立てます。

初めての方を対象としていますが、すでにこれまで学ばれてきた方でももう一度基礎から系統的に学び直してみたいという方には、復習コースとしてお役立て頂けると思います。

その後、ボーン・ポールやジェームズ・ケラハーによる遠隔授業、アバや清水による上位コース(遠隔授業)などへも繋げていくことで、将来的にはより実践的な内容、そしてバールティア・ヴィッディア・バワンで教授されているインド占星術特有の、日本にはまだ紹介されていない、より高度なテクニックも学んでいくことができます。


日 程

【3部制】

アバシャルマのこのベーシック・コースは30回を予定しています。
10クラスずつの3部制を考えています。

第1部: 10回 ← 今回
第2部: 10回
第3部: 10回

第1部から第2部に移行するためには、第1部での出席率が75%以上であることが前提となります。

【日程】

今後の日程ですが、第1部は以下のようになります。

──────────────────
01回目:4月11日(日曜日)
02回目:4月25日(日曜日)
03回目:5月09日(日曜日)
04回目:5月23日(日曜日)
05回目:6月06日(日曜日)
06回目:6月20日(日曜日)
07回目:7月11日(日曜日)
08回目:8月08日(日曜日)
09回目:8月22日(日曜日)
10回目:9月05日(日曜日)
──────────────────
※隔週、だいたい月二回のペースです。
※インド・ファクターによって日程に突然の変更が生じる可能性があります。あらかじめご了承ください。
 なおインド・ファクターとは、停電や突然のイベントの発生などのインドならではの不可抗力な出来事をさします。
※しかしその分、授業料を低めに押さえ、みなさまに利用しやすくしました。ご理解ください。

【フォローアップ】

アバが講師をつとめますが、皆様からのご要望があれば清水が別枠で補講というかたちで質問などに応えることも可能です。その際の受講料はダクシネ制(布施)にいたします。役に立ったと思われたら月の終わりまでに寸志(1000円くらい)を銀行口座にお振り込みいただければ幸いです。

【受講料の支払い】

受講料は10回ごと(3万8千円)の前払い制です。
(インターネット会議システムが使えることを確認した上でご入金をお願いすることになります)

【受講条件】

中学程度の基本的な英語力を身につけていること。

清水が基本的なことをできるだけ通訳・翻訳いたしますが、長い目で見るとどうしても英語で提供しなければならないこともあります。また、授業においても英語やローマ字表記などの用語もたくさんでてきます。将来的に受講生の皆様が占星術ソフトを購入されることもあろうかと思いますが、占星術ソフトのほとんどは外国製です。基本的な英語を知らないと扱えないものばかりです。英語に対する強い苦手意識がありますと、それがインド占星術を学習する上で大きな障害となる可能性があります。また、そのすべての局面で私がフォローすることもできません。せめて中学レベルの英語力は必要です。

②遠隔授業で使用する会議システムが使える環境にあること。

遠隔授業ではアメリカ製のインターネット会議システムを使用します。使用方法は簡単ですが、お使いのコンピューターの性能やスペック、あるいはお使いのインターネット環境によってこの会議システムが使えなかったり、授業の途中で何度も接続が切れてしまうことがごくまれにですがあります。授業を開始する前に基本的な接続テストを行いますが、その際に何度やっても不都合が生じるようであれば、残念ながら受講を断念していただくこともあり得ます。あらかじめご了承ください。


シラバス

授業内容の予定です。
これはあくまで目安です。
ことわりなく変更する可能性があることをあらかじめご了承ください。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Part I: ホロスコープの基本 (01~10)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Lecture No.1. Introduction to Hindu Jyotish, Hindu philosophy and its relevance for Human beings and World as a whole.
レッスン01:イントロダクション、インド占星術の背景文化

Lecture No.2. Significations of the twelve SIGNS - Part 1
レッスン02:サイン(1)

Lecture No. 3. Significations of the twelve SIGNS – Part 2
レッスン03:サイン(2)

Lecture No. 4 Characteristics of HOUSES
レッスン04:ハウス

Lecture No. 5 PLANETS- Part 1
レッスン05:惑星(1)

Lecture No.6 Characteristics of PLANETS- Part 2 Characteristics of different ascendants with examples Horoscopes of Famous Persons of first 4 Lagnas,
レッスン06:惑星(2)とラグナごとの事例(1)

Lecture No.7. Characteristics of PLANETS- Part 3 Characteristics of different ascendants with examples Horoscopes of Famous Persons of second 4 six Lagnas
レッスン07:惑星(3)とラグナごとの事例(2)

Lecture No.8. Characteristics of PLANETS- Part 3 Characteristics of different ascendants with examples Horoscopes of Famous Persons of last 4 Lagnas
レッスン08:惑星(4)とラグナごとの事例(3)

Lecture No.9 – PLANET Awasthas, motions , Planet aspects and their results
レッスン09:アヴァスタ、アスペクト

Lecture No.10 – More Examples and Questions
レッスン10:事例と質疑応答

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Part II:ホロスコープの読み方とヨーガ (11~20)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Lecture No. 11—Making Horoscope and verifying a horoscope authenticity.
レッスン11:ホロスコープの検証

Lecture No. 12 – Panchang
レッスン12:パンチャーンガ

Lecture No. 13 – Divisional Charts (Varga Kundalis)
レッスン13:分割図

Lecture No.14. Rules of judgment of promises of a horoscope, example / Practical application of Basics & Rules of Astrology to see the promise of events – Part 1
レッスン14:ホロスコープの約束とその判断

Lecture No.15 --- Nabhas Yogas (1)
レッスン15:ナバサ・ヨーガ(1)

Lecture No.16 --- Nabhas Yogas (2)
レッスン16:ナバサ・ヨーガ(2)

Lecture No. 17 --- Sun, Moon ,Lagna, Dhan Yogas
レッスン16:太陽のヨーガ、ラグナのヨーガ、ダーナヨーガ

Lecture No. 18 –Raj Yogas
レッスン18:ラージャヨーガ

Lecture No, 19.--- Other Yogas
レッスン19:その他の重要なヨーガ

Lecture No, 20.--- Balarishta
レッスン20:バラリシタ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Part III:ヨーガの続きとダシャー、トランジット (21~30)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Lecture No. 21 --- Longevity
レッスン21:寿命

Lecure No. 22 --- Diseases
レッスン22:病気

Lecture No.23. Example Horoscopes of Famous Persons having first six signs as lagnas – Part 1
レッスン23:有名人のチャート分析(1)

Lecture No.24. Example Horoscopes of Famous Persons having last six signs as lagnas – Part 2
レッスン24:有名人のチャート分析(2)

Lecture No. 25 --- Dasha Introduction and some important rules about dashas
レッスン25:ダシャー入門

Lecture No. 26 --- Mahadasha, Antar Dasha, Pratyantar dasha
レッスン26:マハーダシャー、アンタルダシャー、プラティアンタルダシャー

Lecture No.27 – Transit and its rules
レッスン27:トランジット

Lecture No. 28 How to analyze the Kundali in totality(1)
レッスン28:事例(1)

Lecture No. 29 How to analyze the Kundali in totality(2)
レッスン29:事例(2)

Lecture No. 30 How to analyze the Kundali (3) and Questions
レッスン30:事例(3)と質疑応答


遠隔授業とは?


遠隔授業とは、インターネットの会議システムを使い、遠くに離れているもの同士がひとつのコンピュータ画面と音声を共有し、リアルタイム(実時間)で学習を進めていくシステムです。

遠隔授業により、下記のようなメリットがあります。

場所を選ばない: どこにいても参加できます。日本はもとより、国外からも参加できます。今回は日本とインドを結んでおこないます。

時間帯を選ばない: これまでは不可能だった平日夜間の時間帯に授業を受けることができます。今回のコースは日曜日の午前11時半~午後1時に開講しますが、授業のある正味一時間半から2時間だけを授業についやせばよく、外出・移動などによけいな時間を割く必要はありません。せっかくの週末をまるまるつぶことなく、ゆったりと授業に参加しながらも、週末に集中しやすい家事や家庭サービスを犠牲にする必要はありません。お子さんがいらっしゃるかた、週末はご主人がいるので外出しにくいとおっしゃる主婦にとっては福音です。 また、過ごしやすい格好・姿で授業に参加できます。コーヒーを飲みながらジャージ姿での受講も問題ありません。

時間は短く回数は多く:  毎回都内のどこか一カ所に集合して行うセミナー形式と比べると、比較的抵抗感がすくなく授業回数を増やすことができるので、そのぶん一回あたりの授業時間を短めにすることができます。それにより集中力が持続しやすくなり、クラスごとの復習量が減ります。その一方で、クラス数は増えるので、反復効果により、学習効果は総じて増大します。また、一回当たりの講習料もとうぜん安くなります。

欠席のフォロー:  都合がつかずやむなく欠席となっても、ビデオ・クリップをダウンロードしてキャッチアップできます(有料サービスです)。


申し込み・問い合わせ

興味をお持ちの方は下記のアンケートをご記入の上メールにてお送りださい。 

連絡先: jyotish@office.to (@は全角になっておりますので、半角の@に書き換えてお使いください)

アンケート
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Q1:開始時間について
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

開講時間(午前11:30)は:

①ちょうどいい
②もっと早い時間帯のほうがいい。
③もっと遅い時間帯のほうがいい。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Q2:Q1で②か③のいずれかを選んだ方にお聞きします。
あなたにとって理想的な開講時間をお教えください。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

[         ]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Q3:とくにアバ・シャルマに期待することがあればお教えください。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Q4:あなたご自身について下記の内容をお教えください。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

名前:
住所:
連絡先(電話):

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Q5:アバがみなさんのホロスコープをもとにみなさんのことを知りたいと申しております。
できましたらホロスコープの情報をお教え願えないでしょうか?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

生年月日:
誕生時刻:
誕生場所:

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Q6:あなたのインド占星術などの経験についてお教えください。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

インド占星術を学習・実践してきた年数:[   ]年くらい
インド占星術を教わった先生の名前(あれば):[      ]
これまでに学んできた他の占術(あれば)[        ]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Q7:あなたは現在なにをなさっていらっしゃいますか?(複数回答可)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

①働いている → 職種[     ]
②主婦
③学生
④年金生活
⑤そのほか [      ]


講義の感想

昨年3月から受講された方の感想です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

アバセミナーは、基礎編だといいながらも、
実のところ全然知らなかった内容が多く、
結構ハイレベルなことを学んでいる気がしています。
(私にとっては)

また、深く知らなくてもすぐ使える内容も多く、
基礎編といって侮るなかれ、実践的です。

この講義は、かなりお得だと思っています。
いい出会いをさせていただいたと思っています。

[愛知県:MMさん、これまでにポールや清水のコースを多数受講されています]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

私はインド占星術は初学者です。
インド占星術を基礎からしっかり学びたいと思い、
清水先生の講座を受けようと考えていたところ、
アバ先生の基礎講座開講の情報を知り、
現在受講中です。

日本では知られていないものも
学べていることは、先生の言われるように
本当にラッキーだと思います。
ありがとうございます。

各テーマ全て教えて頂きたいですが、
優先順位をつけるとすれば、「結婚・恋愛」です。
次に「仕事」です。

よろしくお願い致します。

[東京都:Sさん、次のコースに関する要望より]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

とても貴重なアバ先生の講座を受講できることに感謝しております。
また、この講座を開講してくださった清水先生にも感謝しております。
この講座にご縁をいただけた自分のラッキーさにも感謝しています。
あとは、自分の努力だけですね(^^;)

[埼玉県:Tさん]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

遠隔授業というのは初めてでしたが、ご案内にあった通り通信に問題がなければ体も気持ちも楽に受けられてとてもいいシステムだということがわ かりました。
しかも本場の先生に通訳付きで受けられるというのは一昔前では考えられないことですね。

[神奈川県:M.Cさん]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

インド占星術の生きた声に触れることができ、とても充実した内容だったので感動しました。
これから毎回毎回が楽しみです。

[長野県:S.Yさん]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

遅くまでありがとうございました。日本国内での講義であれば、おそらく宗教的なものがきらわれるため、カルマの話がカットされたり、短縮されたりすると思いますが、インド占星術の根本的な概念からの説明をきけたので大変良かったです。次の補講も楽しみにしています。

[埼玉県:T.Yさん]


アバ関連のエントリ(新しい順):
・アバ・シャルマがテレビにでている
・日本のみなさまへ──アバ・シャルマ
・遠隔授業にニュー・フェース登場
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: