木星――まさかのときの神頼み

2006年2月6日に火星が牡牛座に移行するまでの間、火星と土星は相互にアスペクトしあいます。この現象に関して、ヴェーダ占星術家の多くは、悲観論を 並べ立てています。それにはそれなりの理由があります。火星も土星も、第一級の凶星です。火星は、軍事をつかさどる牡羊座をトランジットし、土星は、敵対 する月が支配する蟹座をトランジットしています。火星が魚座から牡羊座に移行した7月19日以来、ニュース報道はこの凶星どうしの相互アスペクトがいかに 凶暴であるかを証明しています。たとえば、ハリケーンのカトリーナとリタ、そしてパキスタンとインドの国境付近で発生した大地震の報道です。

しかし、木星が9月28日に天秤座に移行してから、注目に値する現象がもうひとつわたしの目にとまりました。共和党国会議員のリーダー、トム・ディレイの選挙資金の不正運用に関する記事です。

トムディレイ
トム・ディレイ


木星は道徳の惑星です。木星が天秤座に移行し、牡羊座をトランジットする火星にアスペクトしてから、たくさんの倫理問題が表面化し、ブッシュ政権下でおこなわれていた犯罪活動を暴きました。これは同時に、土星と木星のダブルトランジット(※)が牡羊座の火星にアスペクトし始める時期でもありました。ブッシュ政権内で矢面に立たされている政治家は、ほかにもいます。カール・ローブ、ビル・フリスト、ルイス・リビーなどです。これは、腐敗のときにおいて木星がどれほど重要で希望をもたらすかを示す良い例だとおもいます。

20051016のトランジット
本日のチャート(10月16日ハワイ時間)

木星は、知恵、倫理、信仰、希望の惑星です。困難なときは、木星の高貴な資質に希望を託すといいでしょう。木星は、問題解決の惑星です。問題に意識を集中するのではなく、解決に意識を集中しましょう。たとえ困難に見えても、かならず解決への糸口がどこかにあるはずです。

ダブル・トランジット
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: