辻占い

  デリーで清水が書いています。

わが家から歩いて10分のところに、ネループレース(写真下)という電気街がある。
そこでは、コンピュータ関連の店舗がひしめいている。
東京でいえば、秋葉原のようなところなんだろう。
Nehru_Place_1 Nehru_Place_2

最近、そこにある立ち食いバーで昼食をとっている。
80円くらいでそこそこいけるものが食べられる。

なんたって油分がすくないのが気に入っている。
マサラと暑さで私の胃腸は弱りまくっている。
こってりインド料理はもう受け付けないのだ。

今日、そこへ行く途中、辻占い(写真下)を見つけた。

辻占い_5 
(a)
辻占い_3
(b)
辻占い_4
(c) 
辻占い_6 
(d)

  
石を投げれば占星術師にあたる。
Shr.K.N.ラオはそういう。

しかしデリーに住んで1年半になるが、なかなか占星術師に行き当たらない。

もちろんコンノートプレースやパワルガンジーなどの有名繁華街では、占星術師を見かけることがある。
毎朝配達される新聞に近所の占星術師の広告が紛れていることもある。

でも、それ以外では、探しまわらない限りなかなか占星術師を見かけることはない。
辻占いはひょっとして日本の方が多いかもしれない。
それが私の印象である。

だから、今日、はからずも辻占いを見つけたときは、ちょっと驚いた。
試してみようか。
一瞬心が動いた。

だが、どうせヒンディー語だろう‥。
ぼられるかも知れないし‥。

すぐにあきらめた。

【写真(a)】 お、辻占いだ!? めずらしい。

【写真(b)】 サラリーマン風の男だ。
      Yシャツなんか着ちゃっている。
      真剣なまなざしで占星術師のはなしを聞いている。
      でも、ホロスコープを描いていない。
      おそらく手相見なんだろう。

【写真(c)】 パンチャーンガ(インド暦)を見ている。
      吉日を選んでいるのだろうか。

【写真(d)】 最後はやっぱり宝石だ!
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: