タイガー・ウッズのセックス・スキャンダル

前回に続いてセックス・スキャンダルを取り上げる。
ポールの記事を紹介しよう。


Astrodatabanによれば、タイガー・ウッズの誕生時間は午後10:30である。
するとラグナは乙女座になる。
根拠が出生証明書だということで、ロッデンはAAの評価を与えている。

しかし、ラグナの経度は1°に満たない。
ひとつ前の獅子座ラグナの可能性だってある。

この件については、数年前、マーク・ボウニーと議論したことがある。
その議論をもとに、マークはエントリを書いた。

最近の一連のスキャンダルは、太陽/金星のダシャーに起きている。
これにより、乙女座ラグナの公算がさらに高くなった。

なにわともあれ、ホロスコープを見てみよう。

chart_tiger_woods_data
chart_tiger_woods_rasi
Tiger Woods's Natal Chart
ラグナを乙女座とする。

マハー・ダシャー・ロードの太陽は4ハウスに在住する。
そして、8ハウス支配の火星のアスペクトを受けている。

8ハウスは、秘密、セックス、スキャンダルのハウスだ。
火星は性欲の星だ。
火星は8ハウスを支配してよりいっそうスケベ度を増している。

ナヴァーンシャ(D9)を見てみよう。

太陽は8ハウスに在住している。
そして、火星と金星とコンジャンクトしている。
火星と金星のコンビネーションは強い性衝動をもたらす。
ダシャーが太陽だけでも性衝動が強くなるのに。

chart_tiger_woods_nava
Tiger Woods's Navamsha Chart

マハーダシャーの太陽期は、2004年6月に始まった。
タイガー・ウッズのセックス遍歴の始まりとも重なる。

アンタルダシャーの金星期は、2009年6月に始まった。
マハーダシャーの太陽もアンタルダシャーの金星も、8ハウス支配の火星にアスペクトされている。
しかし金星は、火星にアスペクトされているだけではない。
金星は火星と星座交換をしている。
だから、金星と火星の結びつきはとっても強い。

さらに金星は8番目のサイン、蠍座に在住している。
蠍座は「秘密」のサインで悪名高い。
その点は、8ハウスと共通する。
金星は、そこで減衰する月とコンジャンクトしている。

これらは、蠍座の性質を強める。
つまり、秘密の情事にハマりやすい傾向を強めている。

以上から、「タイガー・ウッズがセックス依存症にかかっている」という報道もうなずける。
繰りかえすが、金星はナヴァーンシャで太陽と火星とコンジャンクトしているんだから。

そして太陽/金星のダシャー。
このとき、一連のセックス・スキャンダルが発覚した。

これらはすべて、ラグナが乙女座だすると明らかだ。

繰り返す。

火星は8、ハウスを支配して太陽と金星にアスペクトしている。
ナヴァーンシャでは、それは太陽と金星とコンジャンクトしている。

で、トランジットはどうか?

9月に入ってまもなく、土星は乙女座にトランジットした。
2009年11月のトランジット・チャートは次の通り。

chart_tiger_transit_data
chart_tiger_transit
Transits on November 27, 2009

土星がラグナをトランジットするとき。
それは一般には、過去を振り返り、反省し、再出発するときとなる。
土星は、これまで避けてきた一番いやな部分に光をあてる。
そして、自己反省を促し、責任をとらせる。
大きな学びと軌道修正をもたらす星なのだ。
だから私は、土星を「偉大な自己否定の星」と呼んでいる。

ラグナをトランジットする土星は、7ハウスにアスペクトする。
7ハウスには、7ハウスを支配する木星が在住している。

そして土星は同時に7ハウスのカーラカである金星にもアスペクトしている。
金星はアンタル・ダシャー・ロードでもある。

タイガー・ウッズは、これまでの結婚生活と一連の浮気について猛省を促されていることがよくわかる。

そしてラグナが大きく関わっている。
だから、大きく変わっていかなければならない時期でもある。
自己イメージを大きく変えていく時期にさしかかっている。

ちなみに、土星と木星のダブルトランジットもラグナにできている。
その意味でも自己変革の時期である。

最後に、乙女座ラグナの証拠をもうひとつ。

タイガー・ウッズが自動車事故をおこしたのは太陽/金星/ラーフだった。
そのとき、ラーフはちょうと4ハウスの射手座をトランジットしていた。
ラーフ期は2009年12月16日まで続いていた。

妻のエリンは家を出て行ったが、このとき、ちょうどラーフのトランジットとラーフのプラティアンタル・ダシャーの両方が4ハウスに絡んでいた。

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: