重要なチャンドラ・ラグナ

ポールの掲示板から引用

質問

ムーンラグナを見るとき、どこを見ればいいのでしょうか?そして、それをチャート全体にどう関係づけるといいのでしょうか?

解答

ラグナ(アセンダント)からだけではなく、チャンドラ・ラグナ(月のアセンダント)からもチャートを解読すべきです。いずれのラグナから見ても、ホロスコープに本人の特徴が示されているからです。

チャンドラ・ラグナから見たチャートには、より内面的なことや主観的な経験が描き出され、ラグナから見たチャートには、より外面的なことや客観的な経験が描き出される、という人もいます。しかし、実際には、月から見たホロスコープにも、物質(客観)レベルでの特徴が現れており、決して主観的なものばかりではありません。

ラグナ(アセンダント)やラグナ・ロードにどの惑星もアスペクトせず、その代わり、月に多くの惑星がアスペクトするようなチャートでは、月を第1ハウスとしてチャートを読み解く方が理にかなっており、したがって、チャンドラ・ラグナをより重視すべきです。しかし、一般には、チャンドラ・ラグナよりラグナを重視すべきです。ラグナは、すべてのラグナの母なのですから。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: