占星術を実践する上で一番注意すべきこと

清水がデリーで書いています。

数年前、占星術仲間とShr.K.N.ラオを訪れたときのこと。
ひとりがShr.K.N.ラオに訊いた。

「占星術を実践する上で一番注意しなければいけないことは何でしょうか?」
 
「いいか、決して相談者を恐怖させてはいけないぞ。」

先月、南インド・ヴィシャーカパトナムのマンデーン占星術国際会議に出席したとき、サプタリシというサイトを運営しているスニール・ジョンがShr.K.N.ラオにインタビューをした。

「ラオジ、あなたは、不実な占星術師はいずれカルマの報いを受けるといいます。でも、世の中は不正を働いている人ばかりです。彼らの多くは、今生でその報いを受けることはありません。なぜ占星術師だけがカルマの報いを受けなければならないのでしょうか?」

「なぜなら、占星術の使い方を誤ると、人をかんたんに恐怖のどん底に突き落としてしまうからだ。もし人の心に恐怖を植え付けるなら、それはすぐに返ってくる。私はそういう例をいくつも見てきた。だから、けっして相談者を恐怖させてはいけない。」


そういえば、相談者を恐怖の底に落とす鑑定で視聴率を稼いでいたテレビ番組があったなぁ~。

「あのね、いってもいい? あなた、3年以内に死ぬわよ」

相談者は芸人や芸能人なので、おそらく台本通りの台詞なのかもしれない。
しかし、占いとはそういうものだと多くの人が思うようになっただろう。
それをまねる占い師もでてきただろう。

また、最近、こういう話を聞いた。
(インドにいても日本の話がいろいろはいってきますんで…)

ある占星術セミナーで、会場にいた人のホロスコープが題材になった。
そのホロスコープを見て、セミナー講師は本人を前にしてこう言いはなった。

「こんなひどいホロスコープは見たことがないなぁ~」
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: