ラグナを変えて見る

チャートは、アセンダント、月、太陽の3つのラグナから分析されるべきです。それにより、チャートのなかに現れる反復パターンをすばやく見つけ出すことができるからです。

たとえば、最近のクイズ(クイズ:昇進?降格?)で使用したチャートでは、木星は蟹座で高揚し、4ハウスに在住して強力です。

この木星は、ハンサ・マハープルシャヨーガ(木星がケンドラにあって定座以上にあるときに形成されるヨーガ)を形成し、さらに強化されています。

これは、ネータルが教師であるのではないかというヒントにもなります。さらに詳しく検討すると、木星が、10ハウスとそのルーラーである土星にアスペクトし、同様のパターンが繰り返されているのがわかります。さらに木星は、太陽と水星と相互にアスペクトしあっています。太陽と水星は、職業の表示体です。

このように、教えることを職業としていることを示すパターンが繰り返し現れています。

このパターンは、チャンドラ・ラグナ(月)とスーリヤ・ラグナ(太陽)から見ることでさらに強化されます。いずれのラグナから見ても、木星はハンサ・マハープルシャヨーガを形成し、教師の表示体である木星をさらに強化しています。

チャンドラ・ラグナ(月)から見ると木星は10ハウスに在住し、スーリヤ・ラグナ(太陽)から見ると木星は7ハウスに在住しています。第7ハウスは、10ハウスから見て第10番目のハウスで、職業を表す2のハウスです。


クイズ:昇進(D1)

ケース・スタディ: 『ラグナを変えて見る』
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: