JOA Newsletter May-July 2011──10

9月のセミナーに向けた準備の一環として「JOA最新号(2011年5月~7月号)のニュースレター」を翻訳しています。

10回目です。
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

カルマ

サンチット・カルマは、転生のたびに魂が一緒に運ぶ行為の記録です。

次の生の運命は、この記録にしたがって形成され、
日々の明と暗にいたるまで決まってしまうのです。

カルマを生じる行為には、ある程度の意思を表すジェスチャーや言葉、
あるいは、なにも考えずに単純に繰り返している行為なども含まれます。

精神は、前生から積んできたカルマと今生の行為によって積み重ねられてきたカルマの産物です。
意識も、このようなカルマによって生じます。

悪意のある言葉、自画自賛、他人批判などの傾向も含めて、
心に思い浮かぶすべてのアイディアと行為の背景には、
理由なりロジックなりがあるのです。

過去生と今生の行為(カルマ)から吸収されたサンスカーラ(精神傾向)は
私たちの精神に根付いています。

グナ

3つのグナ(タマス、ラジャス、サットワ)
どのようにして私たちの精神と意識を形成しているかは、
月を分析することで理解できます。

タマスな傾向とは、怠惰、無責任、悪意などを表し、

サットワな傾向とは、恐れを知らない、純心、人助け、自制、苦行、非暴力、誠実、誠意、謙虚さ、などを意味します。

そしてラジャスな傾向とは、タマスサットワの中間です。

サットワな天体が1-5-9室に多くあり、月の配置も良ければ、サットワな傾向が強まり、
ラジャスな天体が多ければ、ラジャスな傾向が強まり、
タマスな天体が多ければ、タマスな傾向が強まる

そのように考えることができます。

(ディーパック・ビサリア)
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: