人生の目的――10ハウス

前回と前々回の記事を読んで、みなさんは、10ハウスは職業を表し、人生の目的とは無関係であるという印象を持ったかも知れません。しかし、わたしの本意はそうではありません。わたしは、10ハウスと人生の目的を短絡的に結びつけるあまり、大衆を感化したり多くの人の前で活躍することが、わたしたちのダルマをまっとうすることだとあまりにも多くの人が思っていると感じるのです。

10ハウスは、カルマ・スターナと呼ばれます。行為のハウスという意味です。10ハウスは、ゾーディアックで言えば天頂にある幅30°の領域です。わたしたちの行為、公でもっとも目立つ部分、いわばわたしたちがこの世界に残す足跡ともいえる部分が、10ハウスなのです。ですから、人生の目的を見るときは、10ハウスも見る必要があります。

10ハウスには、4つのカラカがあります。水星、土星、太陽、そして木星です。太陽と木星は、前回の記事にも書きましたが、ダルマ・ハウスのカラカでもあります。なので、10ハウスも人生の目的を見る上で、重要であることがわかります。

しかし、仕事はいつもインスピレーションと人生の目的をもたらすとは限りません。食べるだけのために働き、情熱の対象としての趣味に打ち込んでいる人も少なくありません。人生の目的をまっとうしているかどうかに関しては、インスピレーションを持続的に得ているかどうかを見極めることが、分析の最終局面において重要となってきます。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: