マハトマ・ガンジーのガジャ・ケーサリ・ヨーガ

from Enigmas in Astrology by K.N. Rao - ch. 3

インドという凡庸な土壌から、自由を勝ち取るために数十年間に渡って続いた闘争をリードする優秀なリーダーを、マハトマ・ガンジーは次々に生み出してきました。マハトマ・ガンジーの評判にまつわる数々の議論にも関わらず、世界史にはリーダーの中のリーダーとして彼ほど不朽の名声を得た人物はいません。マハトマ・ガンジー以来の人物で、彼ほど傑出したガージャケーサリ・ヨーガ(木星と月が互いにケンドラにあるときに成立するヨーガ)の持ち主もいません。マハトマ・ガンジーのガージャケーサリ・ヨーガは、とてもパワフルで、とても配置が良く、彼の偉大な愛国心と非暴力の理想主義と真理の確信の源泉となりました。

マハトマガンディー(惑星配置)

マハトマガンディー(D1)

ガジャ・ケーサリ・ヨーガの特徴


  1. 月はケーマドゥルマ・ヨーガ(月の両側になにも惑星がない)のうえにさらにラーフとコンジャンクトしています。しかし、月は10ハウスを支配して第10ハウスに在住し、凶星からのアスペクトがありません。これは、貧乏人や恵まれない人々に奉仕する精神を涵養します。
  2. 月から見ると、4つの惑星がケンドラに在住しています。ひとつは木星で、10ハウスに在住し、ガージャケーサリ・ヨーガを形成しています。これは、マハトマ・ガンジーにスピリチュアルなオーラをもたらしています。
  3. 水星と金星という2つの吉星は、木星とは敵対していますが、木星にアスペクトしています。さらに、暴力を表す火星も、木星にアスペクトしています。これ は、インスピレーションにしたがって行動し、それによって多くの人々から慕われるようになるが、しかし、生命も狙われることをはっきりと表しています。
  4. 1940年1月から木星のダシャーが始まりました。マハトマ・ガンジーのリーダシップはインド全土で高く評価され、世界から感嘆を持って迎えられました。 ケーマドルマヨーガの月がもたらさなかったものを10ハウスの月と7ハウスの木星がもたらしました。木星/土星/水星期の1942年8月9日、マハトマ・ ガンジーは、インド国外で勇敢に戦っているチャンドラ・ボースとともに、『Quit India Movement』を開始し、1946年に海軍が加わって、インドの自由を勝ち取りました。
  5. ガンジーのガージャケーサリ・ヨーガのすごいところは、ラグナから見ても、月から見ても成立していることです。さらに木星は、4つの惑星から見てもケンドラにあります。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: