fc2ブログ

Day 06: 9室

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

六日目(30日)の講義のお題は、九室
講師は、もっともオリジナルなリサーチを行うことで定評のあるVPゴエル。
VPゴエル先生は、ヨーギニダシャー、寿命、分割図などについて著書があります。

VPGoel_9H

9室にはいろんな象意がありますが、今回の講義では、

①幸運(Luck)
②精神性(Spirituality)


ついて、興味深いはなしを披露してくれました。

前半ではNavamsha(D9) からどのように<幸運>を読み取るかについて事例を示しながら説明し、後半ではVimshamsha(D20) からどのように<精神性>を読み取るかについてはなしがありました。

最後の1時間は、プログレッシブ・ヨーギニダシャーの解説に費やされました。

ラグナがプログレスすることで、
36年サイクルの問題を解決したこのヨーギニーダシャーは、
分割図でもラグナをプログレスさせることができます。

また、ラグナがプログレスするとき、
その度数が重なる天体の影響が強く出るというはなしがありました。
ベンガル地方ではそういう使い方がされているそうです。

あと、質問時の月の位置を見て、その結果がいつ出るかを割り出す方法など、
示唆に富むヒントが多くあって、興味深かったですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

幸運

清水先生、なんとか体調を持ちこたえられたようで、嬉しく思います。
インド滞在中は、本当にお世話になりました。
これからも、セミナーの様子のアップ、楽しみにしていますね〜

無事帰国

されてなによりです。

おとといの授業では、例のロシア人女性からの質問攻撃にゴウル大佐もとうとう堪忍袋の緒が切れてたそうです。

シャラップ(黙れ)といって黙らせたそうです。

昨日は、教室は超満員で、
人いきれがすごかった。

体調不良の人たちもぼちぼち出始めています。

ポールはお休みでしたね。

でもまだ、ようやく全体の3分の一がすぎただけ。

これは、マラソンですね。
我慢比べだ。

No title

BVBの講義や、ラオ先生の様子が垣間見れる、貴重なブログです。
一般市民はなかなか参加が叶いませんから、雰囲気だけでも
味わっています。
体調には、どうかご自愛ください。

そうそう、体調だけが

心配です。

今年は急に寒くなってきたせいで、
デリーの路上生活者は10月からたき火をしはじめ、
立ちこめる霧とまざって
デリーの朝夕はかつてのロンドンのような
スモッグが立ちこめています。

家に帰ってくると、
鼻の穴は真っ黒、
咳もとまりません。

さらに

定員40名くらいの広さしかない教室には、
講義によっては60名近くの生徒が詰め込まれ、
すし詰め状態です。

床に座って講義を聴くひとも現れ始めています。

我慢できずに教室から退出する人もいます。

我慢比べの状態が進んでいます。

至急対策を講じないと、ぶち切れる人が出てくるかも・・。

そんなところです。

コメント、ありがとうございました。

すし詰め

ただでさえ、小さな椅子机なのに、大変ですね。
空調もいいとはいえないし。

ゴウル先生、それは災難でしたね。
どうして、教授のペースを崩しまくって平気なのか、
日本人には理解出来ないです。

清水先生、ヨコリンさん、頑張ってください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>"Looming Crisis: ....

>"Looming Crisis: Japanese-Chino Border Clash?"のPDF版を送ってほしいです。

お送りしました。

コメント、ありがとうございます。

がむばって

まーす!

>清水先生、ヨコリンさん、頑張ってください!

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: