Day 10: 8室 と 金星/土星(土星/金星)期

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

10日目(3日)の講義のお題は、8室と金星/土星のダシャー
午前中は、ナヴァル・シン先生が担当し、
午後は、Sh.K.N.ラオのシニア・リサーチ・グループによるプレゼンでした。

8H and Naval Singh 
(超満員の教室)

午前中は、8室がからむ以下のパターンについて、
事例を示しながらナヴァル・シン先生が講義をしました。

・暗殺
・遺産
・不倫
・秘学

Abha_presentation
(シニアリサーチを代表して講師を務めるアバ・シャルマ)

午後は、Sh.K.N.ラオが担当するシニア・リサーチ・グループによるプレゼンテーションでした。

金星/土星期(あるいは、土星/金星期)は、不可解な時期として知られています。

古典には、金星/土星期(あるいは、土星/金星期)に、
「王は平民になり、平民は王になる」
と書かれてあります。

それを現代にあてはめると、どういう解釈がなりたつのでしょうか?

アバ・シャルマはじめリサーチコースの生徒たちがプレゼンしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

興味深い内容です

どちらもミステリアスなものですね。
どんな内容かすごく気になります。
アバ先生が登場されるとは!
直に受けてみたかったです。

今回は

ユニークな御題が多いです。

日本でラオ先生のセミナーを受け、
こちらのセミナーにも参加されている人が
若干数いますが、

「日本で流布されているインド占星術とぜんぜん違いますねぇ~」

と驚いています。

それが、このセミナーの狙いでもあるし、
私が日本にラオ先生たちを招いて
セミナーを開いている狙いでもあるわけなのですが、
本物に触れて、よい刺激を受けて帰ってもらえたらと思います。

明日は、JJSのメンバーがポールとマークボニーと一緒に
ラオ先生宅で今後のことを話す予定です。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: