キャメロン・ディアスのヴァルゴッタマ

キャメロン・ディアスのチャートは、ヴァルゴッタマの惑星がいかに劇的な結果をもたらすかを示すよい例です。人気映画女優のキャメロン・ディアスは、4つの惑星がヴァルゴッタマです。金星、太陽、火星、そしてラグナです。これほど多くの惑星がヴァルゴッタマなのは希有です。

キャメロン・ディアスの誕生データと惑星配置
キャメロン・ディアスのラシ・チャート
キャメロン・ディアスのラシ・チャート

キャメロン・ディアスのナヴァムシャ・チャート
キャメロン・ディアスのナヴァムシャ・チャート

金星はラグナの双子座でヴァルゴッタマです。ディスポジターの水星とは友好です。金星の性質を強め、美貌、魅力、そして視聴者へのアピール能力をもたらします。

太陽と火星は獅子座でヴァルゴッタマです。自信、強さ、ダイナミックなリーダーシップをもたらします。キャメロン・ディアスは、映画『チャーリーズ・エンジェル』ではナタリー・クックを演じ、タフな側面を披露しました。

キャメロン・ディアスは美貌だけではなく、ものごとをはっきり言う性格でも知られています。これは、ヴァルゴッタマの双子座で説明できます。双子座は、コ ミュニケーションのサインです。たとえば、アニメ映画『シュレック』『シュレック2』では、キャメロン・ディアスは、シュレックの妻、フィオナの声の吹き 替えをしました。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: