中国軍による射撃用レーダー照射と金星期

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

中国軍フリゲート艦が海自護衛艦に
射撃用レーダー照射をしていた!!


驚きましたね。

中国政府関知の暴挙なのか?
それとも、現場の暴走なのか?
まだどちらとも言えないそうです。

反日教育を受けて育った世代が
中堅幹部を占めつつある中国軍。

その最前線での暴発の可能性は
決して低く見積もるべきではないでしょう。

今回の中国海軍の行為は
人に銃口を向けて安全装置をはずす
に等しい暴挙なわけですが
これが西部劇なら、
即、銃撃戦になっていたところです。

中国軍による今回のような挑発は、
今後も自衛隊の戦闘機・艦船に対して
よりエスカレートしたかたちで行われる
であろうことは十分に考えられます。

しかし、残念ながら現在の憲法・自衛隊法によれば
自衛隊は相手にレーダーをロックオンして
挑発を牽制する方法を選択することはできません。

中国軍は自衛隊のそういったジレンマを承知の上で、
揺さぶりつつ、限界を見極めようとしているのでしょう。

さて、これまでになんどか、
日本建国図において金星は疫病神である
と指摘してきました。

首都圏大降雪(2013.01.15)
日中衝突(コメント「シナリオ」)(2012.12.17)
アルジェリアの人質事件(2013.01.23)

今回の事案にもあてはまります。 
 
Japan D1

レーダー照射

1月19日:海自ヘリに中国海軍が射撃用レーダーをロックオンさせた。
1月30日:海自護衛艦に中国海軍が射撃用レーダーをロックオンさせた。

いずれもプラーナダシャー(レベル5のダシャー)は金星期です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
※次のレベル、つまり中国軍の挑発がさらに進んだ場合のシナリオについては、以下のURLが若干参考になるかも知れません。

教えてGoo 【ヤバイ】中国艦船が海自護衛艦に射撃用レーダー照射

あと、プラーナダシャーなどの高レベルなダシャーを使うときの注意点は、以下のエントリを参照してください。

レベルをそろえる
レベル4のダシャー: スークシュマーダシャー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごいですね~(⌒▽⌒;)

No title

民主党時代も実はやっていたけど、政府が隠していたと暴露されましたね。グーグルアースって・・・
素人だったら苦笑で済みますが、元大臣だったかと思うと、鳥肌ものです。
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&guid=ON&hl=ja&v=OVeoIbT-sRI

思えば、2009年の衆議院選挙の政権交代も、Me-Ve期でしたね。お灸を据えたつもりが、
国民が据えられるという・・・
自営業なので、この民主党不況は、暗黒の時代でした。

No title

沖縄のシャーマンの比嘉さんという方が日中やイランイスラエルの戦争の可能性を示唆しています。
面識もないため信憑性の判断はつかないのですが、かなり具体的なメッセージで興味深いものがあります。
当初は先日2/19の衝突を危惧されていたようですが、それは数ヶ月先送りされたという認識のようです・・・。
啓示でのメッセージらしく、ジョーティシュとの比較は難しいかもしれませんが。
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-1797.html

北朝鮮

なるほど、やはり中東と東シナ海に要注意ということですね。

ここへきて北朝鮮という波乱要素が加わってきました。
これに一番脅威を感じているのが、アメリカです。

北のこれ以上の暴走を制するためには
説得するにしても、制裁を加すにしても、
アメリカは中国の協力を求めていかざるを得ません。

中国は、今回ばかりは怒っているように見えますが、
そこは老獪な国だけに、
実際何を考えているのかわかりません。
(ラグナロードが8室にあります)

水面下ではすでに米中間の交渉が始まっているのでしょうが、
中国はまちがいなく、協力の見返りとして
尖閣諸島の問題からアメリカが手を引くことを迫ってくるでしょう。

可能性はかなり低いですが、
最悪の場合、密約のようなものが
米中間で結ばれることになるかも知れませんね。

アジア外交

日本が対北鮮のカウンターパートとして韓国を選択せざるを得ないというのも辛いところですね。
25日の朴大統領就任式への参加者を大臣クラス(麻生財務相)に決定した事もこれに関連しているのではないかと。
25日は満月前日ですが、これは意図的でしょうかね?

それにしても「竹島の日」式典の直後だけに、今回の訪韓を少し心配しています。
できれば現地で出される飲食物に手を出さずに、専属料理人を帯同してもらいたいです。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: