プラシュナ専科 ~ 病気

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas

プラシュナを使ったスカイプ鑑定を始めました。
題して、「プラシュナ専科」。
詳しくはここをご覧下さい → 清水鑑定



今回もプラシュナのおはなしです。

このブログの読者のなかにプラシュナに関心をお持ちの医師もいらっしゃるようなので、
今回は病気のプラシュナの事例を紹介しましょう。

ある患者さんが眼の手術を受けたときのホロスコープです。
(プラシュナというよりも、ムフルタに近いですが…)

Prashna_Eye_disease 

さて、手術の結果や如何(いかん)?
 

一般にプラシュナではケーンドラのハウスはたいへん重要です。

病気のプラシュナでは、それぞれのケーンドラから以下の内容を読み取ります。

1室 ─ 医者
4室 ─ 診断/治療
7室 ─ 病気
10室 ─ 患者

今回の事例では、以下のような判断ができます。

1室(医者)

1室にはなんの惑星も在住していない → 医師には問題ない
不動星座で凶星がアスペクト → 快復には時間がかかる

4室(治療)

ケートゥが在住 → 治療に問題あり
ケートゥとラグナの経度は近い → 深刻

7室(病気)

火星が在住 → 手術


顛 末

ラグナが山羊座にあるときに手術を開始する予定だったが、
遅れてしまい、ラグナは水瓶座になってしまった。

結果的に、手術に手間取ってしまった。
快復にはそうとう時間がかかるだろうということだった。
(つまり、手術はあまりうまくいかなかったということ)

手術のタイミングは、できるだけ選んだ方がいいですね・・・。


注意:プラシュナに限らず、ネータルチャートのリーディングにおいても言えることですが、病名の特定(診断)を占星術で行うのは非常に困難です。それは医師に任せ、よけいなことを言って相談者を恐怖させるようなことは決してしないようにしましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: