パラーシャラのラージャ・ヨーガ

from Brihat Parashara Hora Shastra, ch. 36, verse 11-13. Translated by Girish Chand Sharma

ラージャ・ヨーガは、成功と地位をもたらす惑星どうしの組合せです。聖仙パラシャラによれば、ラージャ・ヨーガのフォーメーションは多数存在します。

(詩篇11-12)「もし、ケンドラ・ハウス(第 1,4,7,10ハウス)のルーラーとトリコーナ・ハウス(第1,5,9ハウス)のルーラーが星座交換している、あるいは別のハウスでコンジャンクトして いる、あるいは一方のハウスでコンジャンクトしている、あるいは互いにフル・アスペクトをしあっているなら、それはラージャ・ヨーガが形成されていること を示しています。この組合せのもとに生まれた人は、王になるかあるいは傑出した人物になります」

ポールの解説:

これらのルールは、人生の成功にとってたいへん重要です。占星術を使って未来を予測する作業は、ハウス・ロードどうしの関係を分析する作業に他なりません。聖仙パラシャラのこの法則は、次のように書き直すことができます。

1)ケンドラ・ハウスのルーラーがトリコーナ・ハウスに在住し、トリコーナ・ハウスのルーラーがケンドラ・ハウスに在住する。つまり、ケンドラとトリコーナの間に星座交換が成立している。

2)ケンドラ・ハウスのルーラーとトリコーナ・ハウスのルーラーがケンドラ・ハウスかトリコーナ・ハウスでコンジャンクトしている。

3)トリコーナ・ハウスのルーラーがケンドラ・ハウスに在住するなら、自分のハウスに在住していなくても、良い状態にあるといえます。

4)ケンドラ・ハウスのルーラーがトリコーナ・ハウスに在住するなら、良い状態にあるといえます。ケンドラ・ハウスのルーラーが良い状態であるためには、必ずしも自分が支配するサインにある必要はありません。

5)ケンドラ・ハウスのルーラーが、吉ハウスに在住するトリコーナ・ハウスのルーラーにアスペクトしているか、あるいはトリコーナ・ハウスのルーラーが、 吉ハウスに在住するケンドラ・ハウスのルーラーにアスペクトしているか、あるいはそれらが互いにアスペクトしあっている。


1)~5)によって示される条件が多ければ多いほど、名声・富・権力がもたらされます。

(詩篇13)「もし、ケンドラ・ハウスとトリコーナ・ハウスを支配し、ケンドラかトリコーナのハウスに在住すすなら、それはラージャヨーガ・カラカです」

ポールの解説:

これは、牡牛座ラグナか天秤座ラグナのケースです。なぜなら、牡牛座から見ると土星は第9ハウスと第10ハウスを支配し、天秤座から見ると土星は第4ハウ スと第5ハウスを支配するからです。もし、いずれかのラグナで土星がケンドラかトリコーナのハウスに在住するなら、土星は大吉祥のヨーガ(つまりコンビ ネーション)を形成することになります。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: