抗議デモという民衆暴動のトランジット

Powered by JJS
Also powered by Houz Khas
清水の「スカイプ総合鑑定」 → 清水鑑定


ウクライナとタイの反政府抗議デモが気になります。

現在のトランジット図は以下の通りです。
mass_revolve
 
タイの建国図はわかりませんが、
ウクライナの建国図は山羊座ラグナのようです。

10室にラーフ、土星、火星がトランジットしています。

10室には政府・政権、国家のリーダーの意味があります。

おそらく3月にはいると、状況はさらに悪化するんじゃないかと思われます。



読売新聞 2014年02月19日

ウクライナ大統領、野党非難…衝突死者26人に、野党非難…衝突死者26人に

【モスクワ=緒方賢一】ウクライナのキエフで野党デモ隊と治安部隊が衝突して多数の死傷者が出たことを受け、ヤヌコビッチ大統領は19日、デモ隊の一部が武器の使用を呼びかけ流血の事態を招いたと非難した。

政権と野党の協議は不調に終わり、騒乱状態は地方に拡大した。

インターファクス通信によると、19日午後までに衝突による死者は26人となり、350人以上が病院で手当てを受けた。

大統領は18日深夜、キエフで野党チモシェンコ連合のヤツェニュク党首、「ウダル(一撃)」のクリチコ党首と会談したが、物別れに終わった。

大統領はその後、声明を出し、「武装の呼びかけは一線を越えるもの」と指摘し、野党指導者に過激な一派と距離を置くよう呼びかけた。内務省は、死亡した警察官のうち9人は銃撃されたと発表した。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウクライナ、国家分裂する事態も

2014年02月22日

ウクライナが洒落にならない事になっている件

http://blogos.com/article/80919/

日本での報道は今ひとつ影が薄いのですが、ウクライナの政治状況がこの数日で急激に悪化しています。ヤヌコビッチ大統領の官邸及び私邸にデモ隊が突入し、大統領は首都キエフを脱出したとされています。

発端は昨年、財政危機の最中にあるウクライナの救済を巡り、ヤヌコビッチ政権がEUとの経済調印棚上げし、ロシアから150億ドルの経済支援を得た事です。これに抗議するデモ隊が、昨年末から首都中央の広場を占拠するなどの抗議活動を行い、政府の腐敗一掃を要求する幅広いデモに拡大しました。しかし、政権と野党勢力との話し合いは行き詰まり、20日にはデモ隊と警察の停戦合意が合意後数時間で破られると、首都で大規模な衝突に発展しました。

また、ウクライナ国会も野党勢力が力を増し、21日にはヤヌコビッチ大統領の政敵で、職権乱用で収監されていたティモシェンコ前首相の釈放を可能にする法案を可決しました。現政権は治安維持から、国会運営を行う能力を既に喪失しているようです。現在、大統領はウクライナ北東部の都市ハルキウ(ハリコフ)にいるとも言われていますが、そのハルキウの治安当局の庁舎でも職員が書類の焼却を行っており、首都キエフ以外にも混乱が波及しています。

旧ソ連から独立したウクライナは、ウクライナ語話者とロシア語話者が混在するなど、多様性を持つ国家です。しかし、その多様性から、国内では政治的対立が長らく続いておりました。クリミア半島等のウクライナ各地では、独立をめぐる動きがあることが報道されており、ウクライナ語地域・ロシア語地域で分裂するかのような、国家が分裂する事態に陥る可能性があります。

ロシアによる調停・介入も行われつつありますが、情勢は断片的に伝わって来るのみで、政府に統一した主体が既に存在しない事を示しています。EU・ロシアの中間地帯であり、EU圏へのガスパイプラインの経由地であるウクライナの混乱は、EU・ロシアに大きな影を落としかねないだけに、国際社会による一刻も早い調停が望まれます。

No title

ウクライナの反政府運動は一段落し
平穏を取り戻したかに見えますが、
今後さらに悪化する可能性があります。

欧州寄りの新政権ができたことを快く思わないロシア。
これはウクライナの分裂への予兆かもしれない。

2014年02月27日 AFPBB News

ウクライナ牽制、露が軍事演習へ

・プーチン大統領は26日、ウクライナ国境付近での軍事演習を命じた
・安全保障を脅かす危機的状況への、軍の対処能力を確かめることが狙い
・軍事演習には、西部の軍管区に駐屯する陸空海軍の部隊が動員される

http://news.livedoor.com/article/detail/8578116/

ロシア大統領、ウクライナ国境付近での軍事演習を指示

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は26日、ウクライナとの国境付近を含むロシア西部と中部での緊急軍事演習を命じた。

 セルゲイ・ショイグ(Sergei Shoigu)国防相は露インタファクス通信(Interfax)を通じ、「総司令官(プーチン大統領)が、わが国の軍事的安全保障を脅かす危機的状況への軍の対処能力を確かめるという課題を課した」と発表した。

 今月26日から来月3日まで実施される軍事演習には、西部の軍管区に駐屯する陸空海軍の部隊が動員される。西部軍管区は、ウクライナ、ベラルーシの他、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国や北極地域との境界に接する広大な地域。

 ウクライナでは、反政権デモの激化をきっかけに親ロシア派のビクトル・ヤヌコビッチ(Viktor Yanukovych)大統領が解任され、ロシア語話者が多数を占める南部のクリミア(Crimea)半島などの地域で、分離独立を求める声が上がり始めている。

 クリミアの港町シンフェロポリ(Simferopol)では26日、親ロシアのコサック(Cossack)に率いられた数千人が、イスラム教タタール人が率いる群集と対立し、催涙スプレーを使ったり瓶を投げつけ合ったりする騒ぎに発展。地元の保健当局によると男性1人が心臓発作で死亡、数人が負傷した。

「大量虐殺」の容疑で指名手配されているヤヌコビッチ前大統領は現在、2人の息子と小規模な重装護衛隊を連れて、クリミアに潜伏しているとの見方が強い。

 アレクサンドル・トゥルチノフ(Oleksandr Turchynov)大統領代行はクリミアでの暴動勃発の恐れを懸念。過去250年間にわたりロシア海軍の軍港都市となってきたセバストポリ(Sevastopol)では既に、群衆が市長を退陣に追い込み、後任にロシア市民権を持つ人物が選ばれている。

【翻訳編集】AFPBB News

ウクライナ巡り欧米が露に非難

2014年03月02日 産経新聞

・1日、国連安全保障理事会の緊急会合が行われた。
・アメリカやイギリスなど欧米理事国とロシアが非難の応酬を展開した。
・安保理として一致した意見を示すのは困難な状況にあるという。

ウクライナ情勢 「政権崩壊あおった」 
米欧と露、安保理で非難合戦


 【ニューヨーク=黒沢潤】ウクライナ情勢の緊迫化を受け、1日開かれた国連安全保障理事会の緊急会合では、欧米理事国とロシアが非難の応酬を展開した。

 緊急会合は2日連続。双方は先月、内戦が続くシリアへの人道支援強化を目指す決議採択で歩調を合わせたが、ウクライナ情勢ではロシアが「当事国」ともなっているため、協議の着地点は見えないままだ。

 「ロシアは今こそ、ウクライナへの干渉をやめるべきだ」。パワー米国連大使は安保理会合でこう強調した。ライアルグラント英国連大使も軍を本格投入する法的根拠を明らかにするよう迫った。

 他の欧米理事国もロシアに批判的で、国連と欧州安保協力機構(OSCE)による監視団や調停団を直ちに派遣するよう求めるパワー氏に賛成の立場を示している。欧米理事国としては「20世紀に世界各地で起きた侵攻や主権侵害がもはや許されないことをロシアに決然と示す」(安保理筋)狙いがある。

 安保理会合に出席したウクライナのセルゲイエフ国連大使は、安保理に「できる限りの対策」を講じるよう要求した。ただ、監視団派遣などの決定には決議が必要となる。ロシアが拒否権を持つ以上、ロシアが自国に不利とみなす要素を含む決議案であれば廃案になることは確実視される。

 チュルキン露国連大使は、米国や欧州連合(EU)がウクライナのヤヌコビッチ前政権を崩壊させるためデモをあおったと非難した上で、「ウクライナの暫定政権が(同国南部の)クリミア半島の治安を不安定化させた。ロシアが干渉しなければならなかったのはなぜなのか」と反論した。

 中国は目立った発言をしなかったが、ロシアに同調するのは確実で、安保理として一致した意思を示すのは困難な状況にある。

クリミアで死者 「戦争段階」か

>おそらく3月にはいると、状況はさらに悪化するんじゃないかと思われます。

その通りになってきましたね。

http://news.livedoor.com/article/detail/8645820/

AFPBB News 2014年03月19日

クリミアの軍基地襲撃で2人死亡、ウクライナ危機は「軍事段階に」

【AFP=時事】ウクライナ南部クリミア(Crimea)半島の軍事基地が18日、「武装集団」の襲撃を受け、同国の兵士1人と親ロシア派の民兵1人が死亡した。親ロシア部隊が約3週間前に同半島を掌握して以降、死者が出たのは双方にとって初めて。ウクライナ暫定政権は事件を受け、ロシアとの対立が「軍事段階」に入ったと警告し、兵士らに自衛のための発砲を許可した。

 襲撃事件は、クリミア半島をロシアに編入する条約に、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)露大統領が調印した数時間に起きた。

 ウクライナのアルセニー・ヤツェニュク(Arseniy Yatsenyuk)暫定首相は、同国全土に向けテレビ放映された政府の緊急会議で、「この対立は政治的な段階から軍事的段階へと移行しつつある」と発表。「ロシア兵らがウクライナ軍に向けて発砲を始めた。これは戦争犯罪だ」と述べた。

 アレクサンドル・トゥルチノフ(Oleksandr Turchynov)大統領代行も、「ウクライナの兵士らが流した血」の責任は「ロシア連邦、とりわけプーチン大統領にある」との声明を発表した。

 クリミア地域を管轄する国防省報道官はAFPに対し、クリミア自治共和国の首都シンフェロポリ(Simferopol)の北東にあるウクライナ軍基地を武装集団が襲撃し、兵士1人が首を撃たれて死亡、1人が負傷したと伝えた。

 同報道官は、この武装集団がロシア軍の兵士らなのか、ロシア軍と同じく同半島を巡回している親ロシア民兵らなのかは特定しなかったが、国防省は声明で、同基地が「ロシア連邦の軍服を着た」集団の襲撃を受けたと発表。「クリミア自治共和国に派遣されているウクライナ兵に対し、自己防衛と自らの命の保護のため、武器の使用を許可する」と表明した。

 さらに同報道官によると、親露部隊は18日夜にシンフェロポリのウクライナ軍基地を完全支配した。中にいた兵士らは全員整列させられ、身分証明書を押収された上で、自分たちが拘束下にあることを伝えられたという。ただ、拘束されたウクライナ兵や襲撃に関与した親露部隊の具体的な人数は分からないとしている。

 一方、クリミアの親ロシア派警察関係者は露インタファクス通信(Interfax)に対し、クリミア半島の「自警団」メンバーの1人が同事件で死亡したと述べた。ただ、この親ロシア民兵とウクライナ兵1人を殺害したのは、近くの場所から発砲してきた所属不詳の武装集団だとしている。
【翻訳編集】AFPBB News
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: