インド首都、PM2・5濃度で世界最悪レベル

http://news.livedoor.com/article/detail/8814149/
 
やっぱりねぇ~、あたしゃそうじゃないかと思ってましたょ
読売新聞 2014年05月09日

【ニューデリー=田原徳容】世界保健機関(WHO)が公表した世界の都市に関する大気汚染調査の報告書で、インドの首都ニューデリーが、発がん性のある大気中の微小粒子状物質(PM2・5)の濃度で最も高い数値を示し、深刻な状態にあるとされる北京を上回り、世界最悪レベルに達していることがわかった。

 調査では、約1600都市の2008~13年のデータを分析。ニューデリーのPM2・5の濃度は、WHO基準値の約15倍となる153マイクロ・グラムだった。北京は56マイクロ・グラム。日本の対象は20都市で、さいたま市浦和区の14マイクロ・グラムが最高だった。

 WHOは、化石燃料の使用などで汚染物質の濃度が基準値を超えるケースが南アジアなどで顕著となり、健康被害が広がる可能性を指摘。環境に配慮した燃料を使うなど対策の必要性を訴えている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: