最新リサーチ「Delayed Child Birth」

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


デリーのどまんなかで素っ裸の男とすれ違った。
車がけたたましく行き交う中、悠々と歩いていた。

サドゥー

サドゥー(遊行者)?

驚いた。

牛やらくだがデリー市内で闊歩していた90年代なら
こういうことはよくあったんだけど。。。
 
バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァンを4ヶ月ぶりに訪れた。

めずらしいやつがいる!
いつきたんだ?
いつまでいるんだ?
ちょっと痩せたんじゃないか?


大歓迎を受けた。

2014後期のりサーチ風景

ラオ先生は私の姿を見て開口一番
Very Good!
と言った。

私が日本から戻ってくるといつも
ラオ先生はVery Good!と声をかけてくれていた。

今回もそうだった。

先生はまだまだお元気そうで、
その声と姿に触れてほっとする。

さて、

4ヶ月ぶりに訪れたこのラオ先生が担当するリサーチのクラスでは
100人のホロスコープをまとめた資料が各自に配布されていた。
(私も一冊頂いたので、日本での研究に役立たせてもらいます)

それらのホロスコープは遅くなって子供を授かった人のものである。

100人のホロスコープを各自様々な角度から検討し、こうやって毎回発表するのである(写真)。

テーマは、Delayed Child Birth

サンターンティティ、アルパサンターンラーシー、ドゥーマ、グリカ・・・など、
日本ではまったく馴染みのない用語が出てくる。

占星術の古典の中には私たちが知らないパラメータがまだたくさん書かれてある。

それらを掘り出して新しいテーマに適宜あてはめ、使えるかどうかをテストする。

そういうことをラオ先生は1997年から延々とやっている。

だから、

欧米でよく話題になる「天王星、冥王星、海王星はインド占星術で使えるのか?」
というテーマが、ここで検討されるまでにまだまだ時間がかかりそうである。

さて、

明日からインターナショナル・コースが始まる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: