DAY 01: トランジット by K.K.Joshi

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


毎年恒例のBVBインターナショナルセミナーが始まった。

今年でもう6回目になる。
すべてに参加しているわたしは皆勤賞ものである。

受講生は、ロシア、カザフスタン、ウズベキスタンから約50人。
そして地元インドから4人、あとはベルギー、シンガポール、リトアニアから1人ずつ。

今回もロシア語の通訳を介しての講義となる。

初日(DAY 01)のお題は「トランジット」。

講師はK.K.ジョーシ先生。

Day 01_KKJosh
 
ジョーシ先生は、バーラティーヤヴィディヤーバヴァン(BVB)で最も人気のある講師の一人。
ムフールタとプラシュナを専門とする。
わたしも、BVBのアーチャリアコースでは、かれからムフールタとプラシュナを習った。

本業は大学教授。
デリー大学で経済学を教えている。

トランジットといえばいつもならゴール大佐が講師を務めるのだが、
ジョーシ先生が務めるのはインターナショナルセミナーでははじめてのこと。

しかし、ジョーシ先生の専門であるムフールタとプラシュナはトランジットの一部なので
ジョーシ先生がトランジットを教えるのは理にかなっている。

かれのスタイルはいつもシンプルかつシステムチックなので、コンセプトが明快だ。
トランジットという教え古されたサブジェクトであっても、
受講生の側に「目から鱗」的な発見や気づきが生まれる。

たとえば、講義にはプラシュナの視点も反映されていて、
その視点はわたしには新鮮だった。
いくつかの発見やヒントもあった。

気さくな先生なので、質問しやすい。
今回も、すこしお気の毒なくらい、最後の最後まで質問攻めにあっていた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: