FC2ブログ

今日は憲法記念日

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


1947年5月3日に日本国憲法が施行された。

占星術的には、この日をもって建国図を作成することもできるはず。

インドの場合、インドが独立した1947年8月15日の独立図の他に、インド憲法(भारतीय संविधान)が発布された1950年1月26日の共和国図がある。

どちらのホロスコープにもラグナにラーフがあり、「やっぱりインドは腐敗している」とマンデーン占星術の授業でいまは亡きメータ先生が冗談交じりで解説し、それをわたしは納得しながら聞いていたことを、いまでは懐かしく思い出す。

2009年のことだった。

日本については、1952年4月28日のサンフランシス講和条約の施行をもって建国図とし、その有効性を確認している。

1947年5月3日をもとにした日本国新憲法図もあってもいいのだろうと思う。
しかしそれはまだみつかっていない。今後の課題である。

さて、建国記念日の今日、日本各地で様々なイベントが催されている。
改憲派の集会、護憲派の集会 etc

わたしは、早起きして高尾山から相模湖まで歩き、
帰宅してからヘンリーSストークの本を二冊読んで過ごした。

新憲法がなぜつくられなければならなかったのか。
その背景について学び、目から鱗が落ちた。

・英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄 (祥伝社新書)
・なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか (祥伝社新書)
 
ちなみに、ヘンリーSストークはハリー杉山の父親である。
ヘンリーとハリー
 



トルーマン大統領は、広島、長崎に原爆を投下した直後に、笑みを浮かべながら、ホワイトハウスで閣僚に対して、「獣を相手にするときには、獣として扱わなければならない(When you have to deal with a beast, you have to treat him as a beast)」と発言したことが、記録されている。(解説 加瀬秀明 251頁)





以下、Amazonのレビューからの引用です。

投稿者  (⁎˃ᴗ˂⁎)  投稿日 2013/8/5 非情な国際社会と誠実な日本

(略)

日本側がなんとか戦争を回避しようと努力する一方、米国側は日本を挑発して戦争を仕掛けようとしていた。

米国は戦う意志が固まっていたので、日本側からの話し合いに応じようとせず子供をなだめるようにはぐらかした。

スティムソンは「問題はいかに彼らを誘導して我々がさほどに大きな損害を蒙ることなく、最初の一発を撃たせるかだ」と日記に記した。

真珠湾攻撃の後スティムソンは「私は日本が奇襲したという最初のニュースが届いた時に、何よりまずほっとした。この危機が到来したことによって、決断できなかった時が去り、アメリカ国民全員を一致団結できるのだと思って安堵した。(真珠湾における)損害の報告が、刻々と入ってきて、休息に大きくなっていったにもかかわらず、そのあいだ中、深い満足感にひたった」と記している。

チャーチルはルーズベルトに「これで、事が簡単になった」と相槌をうった。米も英も余裕綽々だ。

戦争前夜の日米の様子がとても対照的。

日本側が相手の誠意を信じて誠実に外交努力しているのに比べ、米国側は悪意に満ちた策略を企てている。

東京裁判のレーリンク判事は「連合国は市民を大量に焼殺し、国際法を徹底的に踏みにじった」「日本はアジアをアジア人の手に取り戻すために戦った」「人種差別が太平洋戦争の一因。連合国は日本を人間以下とみなしていた」と著書で語っている。

(略)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「公布」と「施行」

憲法の「公布」と「施行」の違いについてご指摘がありました。

つまり、1946年11月3日公布、翌47年5月3日施行という事実です。

不注意でした。
修正(発布→施行)しました。

さて、「公布」も「施行」も占星術的にはどちらも意味があります。

個人のホロスコープで言えば、「公布」は「妊娠」、「施行」は「出産」に相当するでしょう。

プラシュナでも、質問を考えたり、質問を鑑定者にメールで送るタイミングは「妊娠」、そしてそれが鑑定者に届いたタイミングが「出産」となります。

一般にホロスコープは「出産」のタイミングで作成されますが、「妊娠」のタイミングもそれに劣らず重要とされ、妊娠のタイミングで作成されるホロスコープを「ガルバ・クンダリー」と呼びます。

ただ、妊娠のタイミングは一般にはわかりにくいので、ガルバ・クンダリーは一般的ではありません。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: