FC2ブログ

わたしの経験談~独学で占星術を学んでいる方へ~

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


独学でインド占星術を学んでいる方のために、わたしの経験を書いておきましょう。
すこしでも参考になれば幸いです。

わたしも最初は独学でした。
ずっと独学でいけると思っていました。

そして多くの書籍をアメリカやインドから取り寄せ、片っ端から読み耽っていました。
アメリカからカセットテープやビデオまで取り寄せました。
カセットテープは100本以上、ビデオテープも50本くらいはあったと思います。

あるところまではスムーズにいけました。
しかしあるところから一向に先へ進まなくなりました。

いまになって考えてみればその理由がよくわかります。
 

読者は、著者が知っている以上のレベルには、どんなに頑張っても届かないのです。

そしてほとんどの書籍の著者やビデオの製作者の占星術のレベルはたいしたことがなかったと、いまではよくわかります。

それは、たとえるなら英語をはなせない先生から英語(英会話)を習うのに似ています。

これは、戦後しばらくしてようやく外国に頻繁に出かけはじめた、わたしと同世代の日本人にありがちな悲劇なのですが、外国でわたしはよくこう聞かれます。

「なんで日本人は英語が下手なんだ?」
「日本人は優秀なはずだと思っていたが…?」

わたしはいつもこう答えます。

「(英語の)先生が英語を話せ(さ)ないからです」

そういうとみんな納得します。

占星術についても同じことが言えます。

占星術の書籍を選ぶときは、著者のレベルを吟味してください。

占星術の書籍は実用書です。
使えるかどうかがすべてです。

しかし、たんなる知識の寄せ集めの書籍が少なくありません。

それは、占星術という「学問」ではなく、占星術というジャンルの「雑学」に過ぎません。

みなさんの多くは、占星術を学んでいるつもりかも知れません。
しかし、実は占星術というジャンルの雑学を学んでいるだけかも知れません。

わたしはそのことにようやく気がつき、インドで学ぶ決心をしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

先日は鑑定ありがとうございました

先日は鑑定ありがとうございました。

やはりインド占星術の奥深さに惹かれます。

ただし学びたいけれども学ぶのは非常に難しいと感じています。

今回のブログを読んで、学ぶにも何から学ぶかが非常に大切だ等言うことで、まずは書籍選びから始めてみようと思います。

独学

独学のメリットは、自分のペースで進めることができることです。

予算、時間、テーマ、学習量のすべてを自分でコントロールできます。

しかしデメリットは、軌道修正が困難なことです。

どこかで軌道から逸脱してしまうと、

その後は、頑張れば頑張るほど

修復不能なほど遠く離れてしまいます。

それは悲劇でもあり、残念ながら実際に多いのも確かです。

さらに

そして最も重要だが最も知られていないことは

「一番大切なことは、書籍に書かれていない」

ということです。

そのことは、ラオ先生の『ジェイミニチャラ・ダシャー』のなかでもさらっとほのめかされています。

頑張ってください。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: