子宝に効くマントラ

清水俊介が書いています。

先週、インドのデリーで、シュリKNラオからあるマントラを授かりました。このバル・クリシュナのマントラと 呼ばれるマントラは、妊娠の障害を取り除く有力な救済法のひとつで、インド全土で数千年前から唱えられてきました。ハリヴァームシャというプラーナ(教 典)に記載されているそうです。何年経っても子宝に恵まれない夫婦が、このマントラを毎日一定回数唱え続けると、どうしたわけか、すぐに子供が授かるのだ そうです。

Balkrishna
バール・クリシュナ

いちおう、正式な唱え方があるようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バル・クリシュナ(子供の姿のクリシュナ)の写真に毎日向かって下記のマントラを唱えながら、トゥルシ、ミシュリ(キャンディ)、バターなどを供養する。

Om Shrim Hrim Klim Glom
Devakisut Govind Vasudev Jagpate |
Dehi me tanyam Krishna
twamahm sharanm gatah||

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トゥルシはインドにあるハーブですが、日本でも栽培している人がいて、入手できるそうです。

このような形式にこだわらなくても、毎日マントラだけを唱えても効果はあるそうです。サンスクリットの発音が難しいと遠慮する人もいるかも知れませんが、そういう人は、マントラを聞くだけでも効果があるそうです。

シュリKNラオによれば、このマントラを毎日唱えるだけで、90%の確率で子供を授かるとしています。生理のときを除いて毎日決まった回数(たとえば 108回)唱えるのがポイントです。妊娠しても、出産するまで唱えること。そうしないと、流産する可能性があります。インド人やヒンドゥー教徒だけではな く、万人に効くそうです。

実例:(アメリカ人)

1992年、アメリカ。シュリKNラオが、結婚して15年間子供ができなかったアメリカ人夫婦を鑑定したとき、このマントラを処方しました。この夫婦は、3年以内に二人の子供をもうけたそうです。

MP3:

シュリKNラオにこのマントラを唱えてもらい、録音してきました
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: