翻訳権に関する契約書の正式調印

Also powered by Houz Khas
Powered by JJS
清水の「対面&スカイプ鑑定」 → 清水鑑定


BVB関連著作物の翻訳権に関する正式な契約書の調印をKNラオ宅で行いました。

ご報告致します。

調印1
3ページにわたる英文の契約書にサインするラオ先生

調印2
調印の証人としてサインするビサリアジ。
その他2名のBVB教官が証人としてサインしました。

そしてわたしもサインしました。

計5名がサインするというやや厳かな儀式になりました。

契約書は同文で3通作成・署名され、2通はデリーで、1通は日本で保管されることになりました。

契約書はビサリアジのご子息でもある弁護士に作成してもらいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

翻訳権について

今回翻訳権(ほんやくけん)を取得した意義(いぎ)について説明しておきましょうね。

わかりやすくいえば、

① 勝手に翻訳して高価な商品にして販売されるのは困る。
② 勝手に翻訳して自分の宣伝に使われるのは困る。

ということであります。

著者はそういうことを望んでいないのです。

また、著者の意図に沿って正確に翻訳されているとも限りません。
都合のよいところだけ訳出されて使われているかも知れません。

それも著者は望んでいませんし、そういうことがあっては困るといっているのです。

だから、著者の意向に沿うかたちで翻訳・出版することを約束する代わりに、その権利委託の契約をしたのです。

もちろん正式に翻訳・出版された内容は、著作権や翻訳権を侵さない範囲内であれば、どんどん使ってもらってかまいません。

でも、まだリサーチの途上にあり、内部でしか共有されていない知識をわざわざ(あるいはこっそり)盗みにきて公開されるのは困ります。

さらに、翻訳権を、「テクニックの使用制限の権利」と無理矢理曲解して問題視する人がごくまれにいらっしゃるようです。

そのようなことはけっしてありません。

ご安心してどんどんご使用ください。

ただし、著作権や翻訳権を侵さない範囲内でお願いします。

以上、「よい子」の翻訳権講座でした。

※「よい子」のみなさんが怖(こわ)がるといけないので「困(こま)る」と書きましたが、大人の世界ではふつう「違法(いほう)です」と書くところなんですよね。
翻訳権(ほんやくけん)や著作権(ちょさくけん)は個人の権利(けんり)として法律(ほうりつ)によって守られていて、それを侵(おか)すことは法律違反(ほうりついはん)とみなされ、刑事罰(けいじばつ)や民事賠償(みんじばいしょう)の対象となってもおかしくないんですよね。
大人の世界では、そのようなことはみんな知っているしだれもが守っている常識(じょうしき)なんです。
「よい子」のみなさんもそのような、人のいやがることはけっしてしないようにしましょうね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Druga様へ

貴重な情報、ありがとうございました。
ご危惧されている件、まったく同感です。
どのように対処すべきか、慎重に検討いたします。
ご投稿、ありがとうございました。
S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: