FC2ブログ

「インド占星術は深いぞ~!」はほんとうだ!

あたらしいWEBサイトはこちら
鑑定の申し込みはこちら
古いサイトはこちら


8月10日に出版された漫画

『インド占星術は深いぞ~』



わたしの師匠・KNラオ
その漫画の後半に登場するんだけど
わたしが気に入っている箇所が

ここ(↓)です。


何もない


です。

「占星術の役割は何か?」


と作者の りん子さん に問われて



その役割を完全否定するKNラオ



インド占星術に対する


KNラオ絶望の深さを>垣間見ることができて

いいですねぇ~。


そう



占星術なんか勉強したって


幸福になったり
人生が楽しくなったり
しません。

 


幸福になったり
人生が楽しくなったりするのは、

教室運営者だけです。



1980年代までにKNラオは何回も
占星術をやめようとしました。


占星術の威厳が地に堕ちていた当時のインドで
占星術を実践することは

ちょうどいまの日本と同じように

詐欺師と見られるのと
「ほぼイコール」
でした。

(おそらく今のインドにもそういう雰囲気はまだ色濃いですねぇ…。)


占星術を使った詐欺行為が蔓延するなかで
KNラオは占星術への絶望を深めていきました。

これが

KNラオの第1の絶望です。


しかしKNラオが絶望して
占星術の放棄を口にするたびに
その都度、グル(師匠)たちに
止められました。

「お前にはミッションがある」

「失われて久しい威厳を、
 占星術に取り戻すミッションが…」


1990年代に入る頃までには
KNラオは数々の重要な予言を的中させて
その名前を世界に轟かせるようになりました。

たとえば

・インディラ・ガンディーの暗殺
・ラジーフ・ガンディーの暗殺
・チャンドラシェーカの首相就任


すると

アメリカのヴェーダ占星術協会から招聘されて
全米でレクチャー・ツアーを毎年行うようになりました。


当時、KNラオは
アメリカに少なからぬ期待を寄せていました。

アメリカは慣習にとらわれない国です。

本物ならなんでも受け入れ、流行(はや)り

そして

科学者らもシリアスな研究対象として
インド占星術に関心を抱くに違いない…。

そして

インド占星術のすごさがアメリカで認知されれば
やがてインド占星術の評判は
アメリカから世界に
あたかも燎原の火のように
広がっていくだろう…。

そのようにKNラオは考え
毎年、全米ツアーを敢行していました。

大学での講演も引き受けました。

ところが

KNラオを招いていた主催者側は
集客にしか興味を示しません。

つまり

占星術をプロモートすることよりも
みんな自分をプロモートすることにしか
関心を示しませんでした。


KNラオは失望し
1995年の訪米を最後に
二度とアメリカの地を踏むことは
ありませんでした。

これが第2の絶望です。

その後これまでに、
KNラオが訪れた外国はロシアと日本だけでした。

そして 

現在のSNSの発達とネット・ビジネスの興隆です。


インド占星術も
コンテンツ・ビジネスという文脈の中で
情報商材として売買されるようになりました。

時代の要望ですから
このトレンドにだれも逆らうことができません。


しかし問題は

インド占星術に関する不正確な情報を
いつでもだれでも無責任に発信できるようになった


ということです。


ネットビジネスの隆盛と相まって
またたくまにインド占星術も
弱者マーケットに絡め取られてしまいました。


「Facebook、YouTubeは、占星術を破壊している!」


これは2017年のインターナショナルセミナーで
KNラオが発した言葉です。

これが第3の絶望です。


そして

そういうインド占星術の役割を問われて
何もない」
と即答するKNラオ。


その言葉に

KNラオの絶望 が 万感の想いとともに込められている。
そのようにしか思えてならないんですよねぇ…。

KNラオの絶望の内容と深さ
多少なりともKNラオに長年接するなかで
わたしは感じ取ってきました。

だから


「すぐできるようになりますよ~」
「すぐにお金を稼げますよ~」
「高い受講料を払ってもすぐに元がとれますよ~」
「インド占星術を使えばなんでもわかりますよ~」

みたいな

空虚な期待を抱かせるだけの
セールストークなんて
わたしは言えません。


むしろ

占星術にまじめに取り組めば取り組むほど
絶望が深まるだけ…。

私なら、そう語るでしょう。

でも

それだからこそ

人生を反転させることができる

とも語るでしょう。


なぜなら、

絶望の淵に立った人だけが
ほんとうに人生を反転させる
勇気覚悟洞察を得ることができる
からです。

 そう


「インド占星術は深いぞ~!」

という流水りん子さんの漫画のタイトルに偽りはありません。

 ※漫画はここから引用しました(↓)。


 


 


無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内

無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

知らぬがほとけ

あたらしいWEBサイトはこちら
鑑定の申し込みはこちら
古いサイトはこちら


占星術家にとって一番大切な要素はなんだろう。


そう自問して

これかな…

と思います。


そう、学び続けること。


つまり

学び続ける環境に自身を置くことができるか?

これがけっこう重要な要素かな

と思う。


なぜなら

インド占星術の守備範囲は

ほんとうに広範なんですよ。


インド占星術の全貌は茫洋として

頂上もかすんで

先が見えない…。




一説によると

七回生まれ変わらないと

学びきれない…

とか。


そして、

惑星、星座、ハウスは

その構造物の土台にあたるんですよね。


それを勝手にいじって

大丈夫かよ??

って。


たとえば

ほんらいインド占星術で使われることのなかった

天王星、海王星、冥王星を

インド占星術でも使うってことは

このインド占星術という大規模構造物の

柱や基礎などの構造材をいじることに等しく


その波及効果は

上部構造のすべてに及ぶ。



たとえば

寿命計算の際に考慮するパラメータはどうする?

計算でアセンダントを特定する方法(そういう方法もあるのね)のパラメータはどうする?

・・・・

エトセトラ


わたしたちがまだ知らない様々なテクニックの

パラメータの見直しを迫られること

になるんだよね。



柱を容易に足したり引いたりするのは

掘っ立て小屋ならまだしも

インド占星術という太鼓簿構造物では

命取りにさえなることも

あるんだよね。



そういうのって

そういうことが見えていたら

なかなか勇気のいる所作だと

思うんだけど…。



ほんとにだいじょうぶ…?



「だいじょうぶです、半年で鑑定できるようになります」


とかいってる人もいるようだけど…



漫画はここから引用しました(↓)。


 


無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内

無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

「本当に仕事を辞めることになって驚きました」鑑定のフィードバック41

相談者から届いたメールを紹介します。


仕事のご相談でした。


まもなく仕事に変化が訪れることが明らかに読み取れました。


例によって相談者には


そのようなつもりはなかったし


職場にも


そういう雰囲気はなかったのですが


予想したとおり仕事の変化が


退職というかたちで訪れて驚いた。


というご報告です。


以下にご紹介させていただきます。



大きなトレンドの節目でした。


次のトレンドに適した職種についてもお話ししました。


トレンドが変わると


興味の対象も変わります。




それにともない


仕事の内容に変化が生じたり


あるいは


仕事そのものを変えることもあります。


 


生涯を通して変わらない要素もあれば


時期によって変わる要素もあります。


 


たとえば芸術家なら


その作風や技法、


あるいは作品のモチーフに


変化が生じる


 


みたいな…。


 


そういうダイナミズムを見きわめる目が


適職に関する鑑定には必要です。


 


そして


それはけっして簡単なことではありません。


 


占星術におけるそういうスキルは


半年や一年ではけっして身につきません。


 


もちろん


アセンダントの星座やナクシャトラを見ただけで


すぐにわかるものではありません。


 


無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内

無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

生まれ変わりをホロスコープに見る(2)

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内

無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 


前回の続きです。


生まれ変わりを扱ったわたしの訳書



『カルマと輪廻転生 PARTI』(KNラオ著



後編(PART II)の翻訳にそろそろ着手しようと



昨日、原書を読み直しました。





いろいろ面白い記述があるので紹介しましょう。





今の生のホロスコープから


ひとつ前の生がどうだったかがわかる方法があります。


 


でも、


それはちょっと専門的すぎるので、


今生における振る舞いから


ひとつ前の生がどうだったか


がわかる方法を紹介しましょう。


 


続きを読む

生まれ変わりをホロスコープに見る(1)

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内

無料動画講座のメルマガ登録はこちら


生まれ変わりを扱ったわたしの訳書


『カルマと輪廻転生 PARTI』(KNラオ著



後編(PART II)の翻訳にそろそろ着手しようと

今日、原書を読み直しました。


いろいろ面白い記述があるので紹介しましょう。





今の生のホロスコープ(A)




ひとつ前の生のホロスコープ(B)



との間には関連があって



たとえば、



「Aの木星は、Bの木星の次の星座にある」

っていうの、知ってました?




どうもこれは使えるようです。

 


無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内

無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

S.Shimizu
Calender
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Archive
no. of Visitors
検索
最新コメント
リンク
只今の訪問者数
現在の閲覧者数: